はたやんの気まま写真館

四季折々に気ままに撮った写真

箱根美術館庭園から苔と紅葉








前回に続いて・・・箱根山の撮影会から
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館

箱根美術館のオープン時間(9:30)に間に合うように宿泊したホテルを早朝に出発
強羅から登山ケーブルカーに乗り換えて公園上駅を下車すぐに有ります

美術館に着いた時にはすでに開門を待つ人がいっぱい列をなして並んでいて
この美術館の人気ぶりがうかがえます

昭和27年に設立されていて、縄文時代から江戸時代にかけての
日本古来陶磁器約150点が展示されています。


庭園には苔庭や竹庭が四季折々の美しさを見せてくれています
なかでも、約170本のモミジの見事さは圧巻です!
この日は快晴で射し込む晩秋の朝陽に映えて
「苔と紅葉コラボ」が何とも素晴らしく目を見張る美しさでした~




☆ 強羅駅からケーブルカーで公園上駅へ向かう
途中の紅葉も綺麗でした~

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

箱根美術館紅葉e_1   箱根美術館紅葉f_1

★☆ 苔 庭から ☆★

☆ 美術館庭園に入ってすぐの橋を渡ると、
そこはもう美しい苔庭園が広がっていました~





☆ 美しい苔庭と紅葉のコラボを大画像でご覧ください
広がりを強調するため(ワイドレンズ10mm)で撮影しています)


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


箱根美術館苔wb_1_1

箱根美術館苔wc_2_1

箱根美術館苔we_2_1


苔庭園と紅葉画像

画像の上でクリックして見てください、
 シャッター音と同時に画像が入れ替わります(5枚) 

<<
<<<
苔庭園 11/5



★☆ 日光殿前庭・石楽園付近での鮮やかもみじ紅葉 ★☆

以下のもみじ紅葉画像はすべて
ワイドズームレンズ(10-22mm)使用で撮影しています


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


いずれも大画像でご覧ください
箱根美術館紅葉b_1_2

箱根美術館紅葉c_2

箱根美術館紅葉d_1

青空のもと、目にも鮮やかな紅葉に感激の連続でした~










画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


箱根美術館紅葉z_1  箱根美術館紅葉z1_1

池に映る紅葉と右は竜頭の滝付近の紅葉
箱根美術館紅葉rr_1_1  箱根美術館紅葉t_1

箱根美術館紅葉z4_1  箱根美術館紅葉z2_1





次回は ④ 芦ノ湖「海賊船」で遊覧 箱根ホテル庭園からの眺めに続きます





  1. 2012/12/04(火) 08:54:43|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

箱根大涌谷へ








前回に続いて写真クラブの箱根山撮影会から

② 噴煙吹き上げる箱根大涌谷
・・・ 神奈川景勝50選の一つ ・・・

前回①の箱根強羅公園を後にして、
周りの紅葉を眺めながら箱根登山ケーブルカーで早雲山駅へ



早雲山駅から箱根ロープウエイに乗って大涌谷駅へ
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷1_1 大涌谷2_1 大涌谷41_1

ロープウエイからの眼下の紅葉景色、噴煙上がる大涌谷


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷8_1  大涌谷7_1

大涌谷の景観


大涌谷の合成パノラマ画像


 大涌谷自然研究路沿いのススキ&紅葉








 大涌谷から眺めた紅葉と霊峰富士山

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷富士山a_2_1

大涌谷富士山b_7_1


玉子茶屋の横にある温泉池では、毎日「蒸し方」と呼ばれる人が、黒たまごをつくり続け・・・
「7年寿命が延びる」と言われている有名な熱々黒たまごを私も食べました~

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷h_1  大涌谷m_1

大涌谷j_1  大涌谷k_1

出来上がった「黒たまご」は専用ケーブルで下の販売店へ送られる


お土産用の手作り温泉卵「温玉」が人気
殻は黒くて、ゼリーのような白身となめらかな黄身はまるでケーキのよう






次回は同じく箱根山撮影会から
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館からです



 



  1. 2012/11/28(水) 19:02:18|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

箱根 強羅公園の紅葉



 



先日、所属する写真クラブの連中たち(11名)と
1泊で紅葉真っ盛りの箱根山へ
撮影旅行に出かけてきました。
箱根へはよく車では行ってましたが
今回は公共交通機関を利用しての撮影旅行でした。

箱根登山鉄道、箱根登山ケーブルカーさらには箱根ロープウエイ
にも乗車して仲間たちと和気あいあいの撮影旅行になりました。

行先は皆さん良くご存じのお馴染みの


① 大噴水と紅葉が美しいフランス式庭園箱根強羅公園
② 白煙を吹き上げる箱根大涌谷(神奈川の景勝50選)
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館
④ 芦ノ湖「海賊船」で遊覧 箱根ホテル庭園からの眺め


以上4つのパートに区分して撮影結果を順次UP致します。

① 大噴水と紅葉が美しいフランス式庭園箱根強羅公園


この箱根強羅公園は日本初のフランス式整型庭園として有名で
ツツジや桜がきれいですが、この時期の紅葉もとても美しかったです


公園のシンボル大噴水と紅葉



スローシャッター(SS 1/4秒:絞り29:ISO 100:補正+1/3)で撮影



噴水と紅葉を眺めながら素敵なカフエで飲んだコーヒーは特別美味しかったです





  ローズガーデン近くの紅葉
秋バラと紅葉のコラボを期待していましたが、
バラの開花は終わりに近くて殆ど見られず紅葉は美しかったです








石垣に絡まっていた真っ赤に紅葉した蔦



 茶苑 白雲洞近くの紅葉










 斉藤 茂吉氏の歌碑

箱根の山を愛し続けて約30年の長きに亘って
強羅の山荘で過ごされた歌人 斉藤茂吉ですが
箱根で詠まれた歌は1,200首にも及び、その中の秀歌1首が
公園内に碑として建立されています。
刻まれている筆跡は茂吉自身の直筆です。


マウスオンで画像が入れ変わります(2枚)

おのずから寂しくも  あるかゆふぐれて雲は  大きく渓に沈みぬ   茂吉 

「明神岳、明星岳を包みこんだ夕べの雲が
足下の早川渓谷に沈み入らんとする情景」を詠じたもの





 十月桜と紅葉
可憐に咲く十月桜が紅葉と相まって多くの人々を魅了してました





 公園内の散策で眺めた紅葉あれこれ

下段のサムネイルへマウスオンで画像が変わります
<<<<<





次回は同じく箱根山の撮影会から・・・
② 白煙を吹き上げる箱根大涌谷(神奈川の景勝50選)です。




  1. 2012/11/25(日) 22:59:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

富士吉田もみじ祭り












富士吉田市の歴史を今に伝える古民家が並ぶ
「富士吉田市歴史民俗博物館」のエリア内に
54本のいろはもみじが植栽されていて、
純白に雪化粧した富士の姿とは対照的に
色とりどり鮮やかな紅葉を楽しむことができました。

もみじ祭り期間中はライトアップもされて、
より一層神秘的な世界へ誘ってくれていました。


 ライトアップされた「いろはモミジ」のトンネル



下からのライトアップが効果的に反映していてまさに幻想的でした~






ライトアップされた真っ赤なモミジが一層輝きを増して感激!




古民家(旧武藤住宅)の障子にモミジや
イチョウの葉が投影されていて、こころにくい演出





画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

イロハモミジL_1 イロハモミジm_1 イロハモミジn_1







  1. 2012/11/20(火) 22:32:48|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:18

河口湖湖畔のもみじ祭り







河口湖湖畔で開催中の「もみじ祭り」へ行って来ました~
およそ400~500本にも及ぶモミジが真っ赤に紅葉していて
湖にその美しい姿を映し、
雪を頂いた霊峰富士山とのコラボも素敵でした。


 河口湖湖畔の美しい紅葉





ひときわ鮮やかに輝いていました~


青空との対比がきわめて美しいモミジの紅葉





 富士山と河口湖湖畔の紅葉/黄葉  














 河口湖ストリート紅葉 



道路両脇のもみじ紅葉/黄葉を眺めながらの散策も又楽しい




人気の可愛い周遊レトロバスも・・
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

河口湖紅葉i_1  河口湖紅葉r_1

河口湖紅葉o_1  河口湖紅葉n_1




次回は富士吉田市のもみじ祭りへと続きます





  1. 2012/11/16(金) 17:29:37|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

冠雪の富士山&ダイヤモンド富士







晴れた日には住んでる横浜のマンション ベランダから
真白い富士山が眺められますが、
手前の林の樹木が邪魔して山頂付近しか見えませんので
早朝に近くの高台へ行って、そこから撮影しました。
この日は少し雲がかかっていましたがね




パノラマ画像:右に見えてる山は山岳信仰で有名な大山です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年11月3日(土曜日)、この日は早朝から快晴でベランダからも
富士山が眺められたので急遽、山中湖湖畔へダイヤモンド富士を撮影に
行って来ました。
山中湖湖畔からダイヤモンド富士が見られる時間帯は
午後3時半過ぎ頃だというのは調べて知ってましたので、
その時期帯には雲がかからないこと祈りながら車を進めていきました。

近くの駐車場についたときには富士山全体に薄い雲がかかっていて、
残念ながら今日のダイヤモンド富士は見らえないかも・・・と思いながらも
わずかな期待を込めて待つこと2時間以上、
なんと、頂上付近からかかっていた雲が消え始めて
ついにはその全姿が見えてきました。

いそいでカメラ、三脚を持って
ダイヤモンド富士が見られると思われる場所へ行って
高まる気持ちを抑えながらその時を待ちました~


☆ ダイヤモンド富士 見事にゲット! ☆

2012年11月 3日 15時46分44秒撮影から








2012年11月 3日 15時47分51秒 落日撮影まで 



落日後の山中湖&富士山


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ダイア121102g_1  ダイア121102h_1



2012年11月 3日 富士山頂に落日後17分後の16時04分52秒撮影







  1. 2012/11/09(金) 07:40:48|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:21

カワセミに魅せられて 



・・・ カて ・・・



このところ、天候の良い日は美しい小鳥カワセミを求めて
毎日のように何時もの池へ出かけていました。

日によっては長く待ってもなかなか現れない日もあったり、
すぐに逃げられたりもして、思うようには撮影できませんでした。

そんな中でもなんとか撮影できたカワセミの姿をUPいたします。

引き続いてまだ撮影中ですがとりあえず、最近撮影のこれまでの分を
以下にUPさせていただきますので、ご覧くだされば嬉しいです。



① トンボが気になる枝とまりのカワセミ






② カワセミの親と幼鳥(左)



幼鳥(子供)が親の側を離れて・・・


近くにあったフェンスヘ・・・


そこから~池の中の杭の上へ・・・おっとっと~


なんとか・・セーフ良かったね~



③ カワセミ モミジの木から狙いを定めて・・・



狙った獲物に向かって一直線に・・・


飛んでる姿は美しいね~


ざんぶと飛び込んで、見事に小さい魚をゲットしたようです


近くにあった杭の上で美味しそうにゲットした小魚を食べてました



④ カワセミ 小エビをゲット!





小エビを見事にゲットして美味しそうに食べてるカワセミ











  1. 2012/11/03(土) 22:28:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

世界「バラの殿堂」入りのバラたち



殿


       

世界40か国のバラ会が加盟する世界バラ会連合
(イギリスのロンドンに本拠地を置く)によって
3年に一度開催される会議で、世界中で愛されるバラの中から
選び抜かれた美しいバラが「バラの殿堂」に収められます。


1976年殿堂入りした「ピース」から、これまでに14種類の
バラが選定されています。


そのすべてのバラがこの生田緑地バラ苑で栽培されていて
広い苑内を探し歩いて撮影してきました~


               


 第1回(1971年)および第2回(1973年)大会で選定された該当品種なし

第3回(1976年)イギリス オックスフォード大会選定 品種名 : ピース 




 第4回(1978年) 南アフリカ ブレトリア大会選定 品種名:クイーンエリザベス




 第5回(1981年)イスラエル エルサレム大会選定 品種名:フラグラントクロード




 第6回(1983年)ドイツ バーデンバーデン大会選定 品種名:アイスバーグ




 第7回(1985年)カナダ トロント大会選定 品種名:ダブルデライト




 第8回(1988年)オーストラリア シドニー大会選定 品種名:パパメイアン




 第9回(1991年)イギリス ベルファースト大会選定 品種名:パスカリ




 第10回(1994年)ニュージーランド クライストチャーチ大会選定 品種名:ジャストジョーイ




 第11回(1997年)  ベルネクス3国          品種名:ニュー・ドーン




 第12回(2000年)アメリカ ヒューストン大会選定 品種名:イングリッドバーグマン




 第13回(2003年) イギリス グラスゴー大会選定   品種名:ポニカ'82




  第14回(2006年)  日本 大阪大会選定 品種名:エリナ



 同じく 日本 大阪大会選定 品種名:ピエール・ド・ロンサール
当該(つるバラ)の木はありましたが開花が見られなかったので画像はネットから




 第15回(2008年)カナダ バンクーバー大会選定 品種名:グラハムトーマス




 第16回(2012年)南アフリカ ヨハネスブルグ大会選定 品種名:10月開催で決定する

★ 緊急速報!決定しました~  品種名:サリー・ホームズ

半つる性(シュラブ・ローズ)のバラの花で 画像は生田緑地バラ苑のブログより






生田緑地バラ苑に咲く華麗なバラの花と
同苑に咲く世界「バラの殿堂」入りのバラたち を終わります





  1. 2012/10/29(月) 08:50:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:22

華麗に咲く生田緑地ばら苑の薔薇






       



生田緑地ばら苑について・・・

小田急向ヶ丘遊園の閉園に伴い、園内のばら苑を存続を求める多くの市民の
声にこたえて2002年に川崎市が引き継いだものです。
バラの花の開花時に合わせて、春と秋の2回開苑しています。
このバラ苑の歴は古くて開苑は1958年に遡り、
当時は「東洋一のばら苑」と賞されていたようです。
これらのバラの育成管理については多くの市民のボランティアによって
支えられており、本バラ苑の大きな特徴となっています(パンフより抜粋)















             
 
苑内に咲くバラの花をたくさん見て撮影しましたが
中でも特に私が気にいった素敵な薔薇の花の紹介です

ご覧くださってる皆様はどの花がお好きでしょうか


                

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

マジックキャローセル2_1a プチ・ホーリー1_1a ウイリアムモリス1_1a フロリック1_1_1a

ヒストリー1_1a クッパーケーニギン1_1a マチルダ1_1a マリアカラス1_1a

アルベリックバルビエ1_1a コティリオン1_1a ゴールデンフラッシュ1_1a マスケラード1_1a

サラバンド1_1a ショッキングブルー2_1a アシュラム1_1a 黒真珠1_1a

ガーデンパーティ1_1a アーティストリー1_1a エミールノルデ1_1a ハーモニー1_1a

カトリーヌ ドウヌーブ1_1a ウオームウイシズ1_1a せいか1_1a 伊豆の踊子1_1_1a




次回は 同じく生田緑地ばら苑に咲く
「世界殿堂入り」をした美しいバラの花の全14品種のご紹介です





  1. 2012/10/23(火) 19:01:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:19

☆ 蕎麦の花ふれあい祭り ☆



  


過日、横浜市瀬谷区にあるソバ畑で
「そばの花を愛でる集い」(10月6日)と
神奈川県麺類生活衛生協同組合主催による
「そばの花ふれあい祭り」(10月10~11日)
が行われましたので参加してきました。



☆ そばの花を愛でる集いから ☆

敷地一面に咲く真っ白いそばの花がとても綺麗で感激でした~

下記3枚の画像は画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ソバの花1_1_1

ソバの花2_2

ソバの花4_2









アカソバの花も少しですが咲いていました~
この夏の猛暑と水不足から開花がままならなかった様でした






そばの花に蝶のキタテハが飛来して吸蜜してました





★ そばの花ふれあい祭りから ★

当日は真白に咲乱れるソバの花の中で
打ちたての新そば(北海道産新そば直送分)を
味わうことが出来ました・・香り豊かでとても美味しかったです


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ソバの花ふれあい祭り2_1  ソバの花ふれあい祭り1_1

当日はそばの花をカメラに収める人、新そばを味わう人で賑わってました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ソバの花ふれあい祭り91_1  ソバの花ふれあい祭り92_1

新そばの実演販売・・見事なそば打ち、そば切りに見入ってしまいました~





新そばの天麩羅ソバと蕎麦がき入りのおしるこを味わいました
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ソバの花ふれあい祭り4_1  ソバの花ふれあい祭り5_1

傍らではそば打ち体験コーナーもあって
希望者多くて順番待ちだったようです
親切丁寧に教えてました



嬉しいそばの花プレゼントもありましたよ









  1. 2012/10/19(金) 10:59:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16

コスモス咲き乱れる巾着田公園






   コスモスの花群生   

巾着田曼珠沙華公園の一角にある約2ヘクタールの敷地に

曼珠沙華の花で有名な巾着田公園ですが
ここでは年間を通じて四季折々にいろんな花の群生が見られます

巾着田公園の一角にある約2ヘクタールの敷地には
コスモスの花が満開に咲き乱れてました


以下3枚の画像は画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


巾着田コスモスn_1_1

巾着田コスモスa_2_1

巾着田コスモスe_1_1


 敷地一面に咲くコスモスはちょうど満開で見ごろを迎えていました









画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

巾着田コスモスb_1  巾着田コスモスl_1

巾着田コスモスc_1  巾着田コスモスd_1

 コスモスの花にイチモンジセセリ


コスモスの花にツマグロヒョウモン 雄



☆ 隣の蓮田ではハスの花後にできた果托が見られました・・・ ☆

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ハス花花托1_1_1  ハス花花托2_1


 巾着田マップと花暦(パンフより)

今回、巾着田の曼珠沙華 と コスモスを見てくださって有難うございました
最後に巾着田のマップと花暦をUPして終わりにいたします。








  1. 2012/10/13(土) 08:55:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:18

日高市 巾着田の曼珠沙華



 




埼玉県 日高市内を流れる高麗川(こまがわ)は高麗駅の東で大きく蛇行し
巾着袋のような土地「巾着田」を形成している。
水に恵まれたこの場所に水田を造ったのは高麗人たちで、
彼らは大和朝廷の意向のもと、現在の日高市にあたる場所に高麗群を設置し
農業や産業に関する知識を日本人に伝えたと言われています。

このように歴史的な遺産と言える巾着田ですが、もう一つ花の名所としての
顔も持っていて、特に秋9月中旬以降には100万本の真っ赤な曼珠沙華の花が
巾着田の雑木林を埋め尽くします。

極彩色の花が林床一面に咲き乱れる様子は、まるで深紅の森に迷い込んだようで
自分まで染まってしまうかの錯覚を覚えてしまいます。

日本一の群生地と言われているそんな巾着田の曼珠沙華が見たくて、
先日(9月27日)出かけて行って来ました。
行って来た時点では一部の場所では満開状態のところもありましたが
全般的には今年は開花が遅れていて、
残念ながら4分咲きぐらいの状態だったように思いました。



☆ 高麗川沿いに咲く曼珠沙華
炎のような曼珠沙華の群落、










画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

巾着田ヒガンバナl_4_1





☆ 雑木林の中で咲く曼珠沙華
幻想的な風景にしばし心を奪われました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

巾着田ヒガンバナu_1_1












☆ ひときわ鮮やかに咲く曼珠沙華
真っ赤な花の絨毯は目映いばかりに輝きを増していました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

巾着田ヒガンバナ97_1_1











広い敷地の中で私が見つけた唯一のシロバナマンジュシャゲ一輪


クロアゲハチョウが吸蜜に来てました~


珍しいところから曼珠沙華の花が・・





次回は同じく巾着田曼珠沙華公園に咲くコスモスです




  1. 2012/10/08(月) 09:46:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:20

あれこれ 秋もよう 




・・・ あ う ・・・





〇 一日早い中秋の名月 〇
台風接近が判っていたので一日早く29日(22時34分)撮影のまんまるお月様



〇 箱根仙石原のススキの群生 〇
9月26日撮影しましたが時期的にすこし早かったかな~

以下このページのサムネイル画像はすべて画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

仙石原のススキ1_3_1a  仙石原のススキ5_2_1a



〇 御殿場の高台から眺めたススキと秋の富士山 〇
富士山にはやはり冠雪があったほうが・・・



〇 ワレモコウの群生 〇
これだけの群生を見たのは初めてかも




〇 アケボノソウ 〇
紫黒色の斑点を夜明けの星に見立てて付けられたそうな「曙草」




〇カシワバハグマ 〇
葉が柏の葉に似ていて、白色の頭花が
ハグマ(白熊;ヤクの尾の毛)に似ているからの命名らしい

カシワバハグマ1_2a  カシワバハグマ3_2a







〇 スズムシバナ白花 〇
秋の虫の鳴く頃に咲くことから付けられた名前とか、
青紫色の花が多い中、シロバナはとても珍しい




〇 アキギリ&キバナアキギリ 〇
桐の青紫色の花に似て秋に咲くのがアキギリで
淡い黄色の花を咲かせるのがキバナアキギリですね

アキギリ1_2a  キバナアキギリ1_2a


〇 フジバカマ 〇
秋の七草の一つで昔から多くの人に愛されてますね~



これらの花々はすべて箱根湿生花園で9月26日撮影したものです




次回は 日高市 巾着田の曼珠沙華の特集です






  1. 2012/10/02(火) 15:27:06|
  2. 景色と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

初秋の自然の森公園散策 ②



 







このところの涼しさからめっきり秋めいてきた今日この頃です、

前回に続いて近くにある自然の森公園の散策から撮影した

花々と蜜を求めて飛来する美しい蝶を追いかけてみました。

皆さん方もも良くご存じの花も多いと思いますが

どうぞご覧くださってコメントいたければ嬉しいです。


 シロバナハギ(白花萩)
  ミヤギノハギの変種で、白い花をつける、全体に絹状の伏毛がありますね



キチョウが吸蜜中のところをパチリしました~



☆ ヤマハギ(山萩)
枝の先端に蝶形の花を2個づつ対でつきますね、萩の仲間はどれも似ているが
本種は小葉の先が丸いのが特徴?


ヤマハギの花でもキチョウが吸蜜で飛来してました
キチョウはハギの花が好きなのかもね~




☆ アキノキリンソウ(秋の黄輪草)
別名をアワダチソウといい、花が泡立つように咲くのでこの名前が有りますね。
本種と同属の帰化植物にセイタカアワダチソウがあるのはご存じの通りです








☆ サンゴジュの果実(珊瑚樹)
赤く熟した果実をたわわにつけていて、
この様子を宝石のサンゴに例えたのが名前の由来らしい






☆ ノダケ(野竹)
セリ科の花で紫黒色のこまかい花が多数開いて咲く、
葉の付け根の鞘が、タケノコ(筍)の皮のように見えることからつけられた名前のようです






☆ ゲンノショウコ(現の証拠)
一般的には東日本では白花が咲き、西日本側では赤花が咲くようですね





☆ 褐色に熟したミツバウツギの実
2つの平たい果実を合わせたような形をしてますが、
ご覧のようにこの時期に褐色に熟していました






☆ ミゾソバ(溝蕎麦)
溝のような湿った場所に群生していて、花や草姿が少し蕎麦に似ている
葉っぱは牛の額に似ていると言われてますが、どうでしょうかね~






☆ ミズヒキ(水引)・ギンミズヒキ(銀水引)・キンミズヒキ(金水引)

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ミズヒキ3_1a ギンミズヒキ2_1a キンミズヒキ2_1a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ツマグロヒョウモン雌雄 その他・・

画像クリックで5枚の画像が入れ替わります
ツマグロヒョウモン雌雄 子孫繁栄のため頑張ってます






初秋の自然の森公園散策 その3へ続きます





  1. 2012/09/22(土) 08:56:42|
  2. 花と蝶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

初秋の自然の森公園散策 ①



 


まだまだ暑い日が続いていて一向に秋らしくなっていませんが
それでも朝夕は一時期よりはすごしやすくなってきてるようです

そんな中、近くにある何か所かの神奈川県立自然公園、横浜市立自然公園
更には大和泉の森公園、追分市民の森などへ
初秋に咲く花々や果実、そして華麗に舞う蝶を求めて散策してきました~

継続して散策途中では有りますが、何回かに分けてUPいたしますので
ご覧くだされば嬉しいです。


 コスモスの花と吸蜜でやってきた美蝶





〇 イチモンジセセリ


〇 激しく動き回るアオスジアゲハ、飛翔中をSS 1/2500秒で撮影

〇 美味しそうに吸蜜中のツマグロヒョウモン(メス)


〇 ヒメアカカテハが吸蜜中をそ~っと近づいてパチリ

〇 キアゲハもやってきて、しばしモデルになってくれました~



☆ ゴンズイの果実   
赤く熟して裂開し、中から黒くて光沢のある種子が顔出してました






☆ センニンソウ 
常緑ツル植物で葉は3~5に分かれた複葉であり、
葉柄や葉の中間部分などで他のものに巻き付いて成長する






☆ クズ(葛)の花
道端などで見られるつる性の植物、
蝶形の花が穂状に集まって下から上へと咲いていく






☆ タコノアシ
絶滅危惧種指定になっていて、とても珍しい花です
花姿が「吸盤の付いた蛸の足」のように見えることから付いた名です。
秋が深まるころ全身が真っ赤に紅葉するので、
まさに「茹(ゆ)で蛸」状態となり、見応え十分です。





紅葉したタコノアシ(2010年10月同じ場所で撮影したもの)


 アオスジアゲハ  ヤブガラシの上を飛翔中のところをパチリ!



 ベニシジミ



 アカボシゴマダラ
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

アカボシゴマダラ3_1  アカボシゴマダラ4_1


 キチョウ



 オオスカシバ(蛾の仲間) 花ヒャクニチソウでホバリング吸蜜







初秋の自然の森公園散策 ② へ続きます





  1. 2012/09/16(日) 14:35:13|
  2. 花と蝶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

伊東温泉 箸まつり花火大会から



 

 

伊豆 伊東温泉夏のフィナーレを飾るイベントで、
1年間伊東市街の旅館・ホテル・飲食店などで使用された箸に感謝して
供養するイベントが先日(8月22日夕方から)伊東温泉海岸の
オレンジビーチで開催されました

又、この日 伊東市街には威勢の良い掛け声とともにお神輿が練り歩き、
路上では元気なよさこいの市内8チームの踊りも披露されて
多くの観光客や地元の人々で大賑わいでした。


★ 箸に感謝をこめて箸供養塔への点火

佃伊東市長による挨拶と点火式で始まる


砂浜では市民や観光客が見守る中、供養塔が点火されました








★ 手筒花火の競演

手筒花火(てづつはなび)は、1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、
それを人が抱え ながら行う花火である。
手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、
その 火柱は大きいものだと10数メートルにもなりまさに迫力ものでした


多くの市民や観光客が見守る中、伊東オレンジビーチでスタート!



熱さをものともせず手筒花火を持つ若衆に感動して拍手が鳴りやまず!






最後は手筒花火の筒の上からだけでなくて、
下からも火花が轟音と共に発射されるのには驚きと同時に感激しました~






★ 打ち上げ花火

この日のフィナーレは打ち上げ花火が約1500発
海上2か所から打ち上げられました












海岸を埋めた観客は、次々と上がる美しい花火のショーに魅了されました!

楽しかった箸供養点火、手筒花火、打ち上げ花火もこの大輪の花火でフィナーレとなりました








  1. 2012/09/01(土) 06:13:36|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

自然の森公園散策から 後編



   



前回に続いて 我が家の近くにある市民自然の森公園を

散策した時に見つけて撮影した花々や果実、さらには蝶の数々です



 ヒャクニチソウの群生畑

下記画像はいずれも 画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


使用レンズはいずれも Canon EFS10-22mm で
広角10mm側で撮影

ヒャクニチソウ1_3_1ab

ヒャクニチソウ2_1_1ab

ヒャクニチソウ3_1_1ab



 下段のサムネイルヘ オンマウス&クリックで画像(2枚)と説明が変わります
全部で10画像あります


<
<ヤブカンゾウ1
<<<<<


 キレンゲショウマ



 キツネノカミソリ




◎ ミツバウツギの実

果実はこのように2つの平たい果実を合わせたような
形をしていて、9~11月には褐色に熟します


下記画像はいずれもマウスオンで2枚の画像が入れ替わります


◎ ハナイカダの実

果実は緑色からやがて黒紫色に熟しました




 ヤマトシジミ




 ウラナミシジミ




 イチモンジチョウ
表 翅


裏 翅



 アオスジアゲハ



★ アオサギ 魚ゲットの瞬間
自然公園の中の池で、大きな魚をゲットした瞬間で~す










自然の森公園散策から 前篇・後編を見てくださって有難うございました。





  1. 2012/08/27(月) 07:07:11|
  2. 花と蝶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

自然の森公園散策から 前篇



  ら 前篇 


我が家の近くにある自然がいっぱいの市民自然の森公園を

最近散策した時に咲いていた花々や木々の実、更には蝶などを

2回に分けてUP致します。どの画像も皆さん方には見慣れたものですが

ご覧くだされば嬉しいです。


 ひまわり畑

珍しいひまわりの花の群生で、
調べたらどうやら「サンゴールド」という種類らしい


以下の画像は 画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ヒマワリ1_2_1ab

ひまわりの撮影中に野鳥のホオジロが飛来して
しばしモデルになってくれました~

ヒマワリ23_1_1ab


 下段のサムネイルヘ オンマウス&クリックで画像(2枚)と説明が変わります
全部で10画像あります

<
<ウバユリ1
<<<<<



 ヤマジノホトトギス





◎ ミモザアカシアの実

以下の画像はマウスオンで画像が入れ替わります
黄色い花からは想像もできないこのような実が出来るのですね~


◎ ヤマモモの果実

甘酸っぱい果実は生食も美味しいですが 
ジャムやシロップ漬けに向いてますね





 コミスジ


 アカボシゴマダラ 


 ヒメウラナミジャノメの雌雄


 クロヒカゲモドキ



☆ カワセミの飛翔
何時も撮影している自然公園の中の池にやってきたカワセミ


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


左から右へ → → → 見てください
120531a_1.jpg 120531a2_1.jpg 120531b_1_1.jpg
120531cc_1.jpg 120531d2_1.jpg 120531ee_1.jpg
120531ff_1.jpg 120531gg_1_1.jpg 120531hh_1.jpg




次回 自然の森公園散策から 後篇へ続きます





  1. 2012/08/21(火) 07:19:54|
  2. 花と蝶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

秋田:森吉山に咲く花々 ③後編



々 ③後編




★ 前々回に続いて 秋田県:森吉山に咲く花々の③後編です ★


この日は快晴に恵まれて見晴らしも素晴らしくて
このような眺望を楽しむことができました(パノラマ画像)


 途中の展望台からの眺め 


 秋田:森吉山 山道脇に咲く可憐な花々 

以下の画像はマウスオンで画像が入れ替わります
◎ ゴゼンタチバナ ◎



◎ コイワカガミの花&実 ◎



◎ ヨツバシオガマ ◎



◎ 下段の写真1~10をクリックすると画像が入れ替わります ◎
■クルマユリ■



◎ コミヤマハンショウヅル ◎



◎ ハクサンボウフウ ◎



◎ オガラバナ ◎









  1. 2012/08/17(金) 07:06:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:26

秋田:森吉山に咲く花々 ②



々 ②


 前回に続いて
秋田:森吉山に咲く花々 ② のその前に 


  

◎ 日本一の深さと たつこ姫伝説で有名な田沢湖も遊覧してきました~


◎ 高速艇 たざわ乗船しての遊覧
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

高速艇たざわ1_1  高速艇たざわ2_1

◎ 御座石神社(ござのいしじんじゃ)
慶安3年(1650年)に秋田藩主 佐竹義隆公が田沢湖遊覧した際に
腰かけて休んだことに由来するそうです



◎ 湖上から眺めた秋田:駒ヶ岳の雄姿


◎ たつこの像
有名なこの たつこ姫には先住していたアイヌ民話の伝説がある。
「田沢湖のそばに絶世の美少女辰子が住んでいて、
その美しさと若さを永久に保つために観音様のお告げ通りに
泉の水を飲むと瞬く間に大きな龍に変身してしまいました。
龍になった辰子は田沢湖の龍神となって湖底深くに沈んで
今でも身を潜めている」というもので、この澄んだ湖水は龍神が住んでるかも
知れないと思わせる神秘性がありますね






◎ 民話の語り部体験(宿泊したホテルにて)
秋田には多くの民話、昔話がありますが、その中でも代表的な
田沢湖の主、辰子姫のお話を聞かせていただき、
一部体験させていただきました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

民話の語り部体験1_3_1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★ 秋田内陸縦貫鉄道に乗車 ★
上檜木内駅から乗車して森吉山の麓・阿仁合駅まで35分



上桧木内駅_1  阿仁合駅舎1_1


◎ 有名な赤い鉄橋「大又川橋梁」と下を流れる清流(車窓から)
山々とのコントラストも絶妙でした~
橋の上にはトラス(鉄骨で組んだ枠)がないので
空中散歩の雰囲気が楽しめました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大又川橋梁1_1  大又川橋梁2_1

◎ 車窓から眺められた森吉山の姿(中央)






秋田:森吉山に咲く花々 ③ へ続きます








  1. 2012/08/13(月) 07:48:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

秋田:森吉山に咲く花々 ①



々 ①




秋田県 森吉山(1454m)を中心としてこの一帯は「森吉山県立自然公園」

になっていて、私は以前ここ阿仁町並びに森吉町に落ちる

下記の有名な滝(瀑布)をたずねていましたが・・・


◎安の滝(日本の滝100選)  ◎幸兵衛の滝  ◎白糸の滝
◎横滝  ◎桃洞の滝  ◎小又峡の滝(シンボル 三階の滝他多数の滝)


これらの滝の画像などの情報は→ こちらから

今回は花の百名山として有名な森吉山へ可憐に咲く花々を求めて行って来ました。


以下はすべて 画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


ニッコウキスゲ咲く木道を歩む
木道1_1_1

森吉山 山頂1454m
森吉山山頂1_2

この日はラッキーにも雲海の彼方に
鳥海山(出羽富士)2236mが眺望できた

鳥海山を望む_2_1

遠くには日本海 八郎潟/寒風山も眺めることが出来ました
日本海八郎潟寒風山を望む_3_1


☆☆☆  ☆☆☆

 ニッコウキスゲ 
以下はすべてマウスオンで画像が入れ替わります



 チングルマの果穂 



 シラネアオイの花&果実 



画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

 イワイチョウ(左) モウセンゴケ(右) 
イワイチョウ2_1  モウセンゴケ1_1

 ホソバキソチドリ(左) マルバシモツケ(右) 
ホソバノキソチドリ1_1  マルバシモツケ2_1


下段の写真1~10をクリックすると画像が入れ替わります
■ハクサンチドリ■




次回 秋田:森吉山に咲く花々 ② へ続きます





  1. 2012/08/09(木) 09:56:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:18

町田ダリア園をたずねました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
急病のため緊急に入院治療をしていました
この間、皆様がたのブログにもお伺いできず、
又、新規にUPもできずにいましたが、
このたびようやく自宅に帰って来ましたので
どうぞこれからも引き続いて宜しくお願いいたします。

はたやん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







500種:4000株のダリアの丘へ・・・

昭和60年6月に開設され、現在約15000㎡の園内に
500品種、4000株のダリアが栽培されています。
開設にあたっては 日本一のダリア園である山形県川西町の
「川西ダリア園」から球根の寄付を受けるなどのご協力をいただいています。

ダリアはキク科に属し、メキシコ原産で比較的冷涼な
高原に自生していました
日本には江戸時代末期オランダから持ち込まれて、
独自の改良がくわえられ、夏・秋の花として新しく生まれています。

ダリアの最大の特徴は花色・花型・花の大きさ・草丈・葉型・
葉色などに無限の変化が見られることに有ります。


町田ダリア園ではダリア独特の花色である二色咲き・
絞り咲き・ブレンド(ぼかし)など美しさを楽しむ品種や
花径30cmを超える巨大輪から3cm種のポンポン咲き品種までを
一堂に集めていて
見事な花の競演を楽しむことができます(パンフより抜粋)


★ 見事なダリアの花の数々のご紹介です ★

とても全ては紹介できませんが、ダリア園で撮影した
ごく一部を下記にUPさせていただきます。
みなさんのお気に入りのダリアの花はこの中にありますでしょうか・・・
お知らせくだされば嬉しいです。
















画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

夢_1a 日和_1a 暁_1a

武将_1a 花見里_1a レベッカリン_1a

熱唱_1_1a ゆかた姿_1_1a お人良し_1a

マンゴープリン_1a レッドバラード_1a 球宴_1a








画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

スパルタカス_1a ピンクジャイアント_1a ヤートセ_1a

大海原_1a 早春_1a 新歌姫_1a





★ 次回は花の百名山 秋田:森吉山に咲く花々の特集です ★






  1. 2012/08/06(月) 06:06:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:30

フラワーセンターの蓮花 ほか



 




鎌倉にある大船フラワーセンターに咲く蓮花を早起きして見に行ってきました

この日は蓮の花を見る会で特別に早朝6時の開園でしたが
私が5時半ころに着いた頃には
大勢のカメラマンがもうすでに並んで待ってました。


ハスの花は早朝に開きます!

開花1日目は午前5時ごろから開き始め、8時頃には閉じ、
2日目は午前7時から9時頃までにおわん型に開き昼ごろには閉じます。
3日目は早朝におわん型からさら型まで開き、
午後には少し閉じますが半開きの状態で終わり
4日目は早朝に完全開花した後散り始め、午後には花托だけが残ります。


一番美しいのは、2日目の早朝の花といわれてるようです


  










  








  

蜜蜂さんも美しさと香りに誘われて飛来、モデルになってくれました~

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ハス花d_1

ハス花e_1_2

ハス花m_2


  













★ ハス:富の宝(左) & 朝香(右) ★

下記はいずれも画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


ハス 富の宝1ライン   ハス 朝香(あさか)1ライン


★ ハス:淡黄光(左) & 皇居和蓮(右) ★

ハス 淡黄光(たんきこう)1ライン   ハス 皇居和蓮1ライン




◎ ベニスジヤマユリ ◎



画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ベニスジヤマユリ1_1   ベニスジヤマユリ3_1


◎ ヤマユリ ◎








  1. 2012/07/24(火) 08:49:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:26

カワセミ&蝶のいろいろ







今回もカワセミを狙って出かけましたが、この日は異常に暑くて汗だくになりながら
飛来を待ちましたが、なかなか現れてくれなくて・・・
そろそろ引きあげようかな~と思った矢先にやっと来てくれました~

止まり木から魚を狙ってのダイビングでしたが
残念ながら魚は咥えてはいませんでした。
すぐにどこかへ飛びったって行ってしまいました。
この間、時間にしてほんのわずかでした~、

それから期待してしばらく待ちましたが、この日は2度と現れませんでした。
























最近の花散策中に撮影した蝶の吸蜜中の画像です
これまで撮りためていたものの中からのほんの一部です。


★ ナミアゲハの飛翔




★ ホシホウジャク、ホバリングしながら甘い香りのデュランタの花で吸蜜




★ キアゲハ、鮮やかツツジの花で吸蜜中




★ カラスアゲハ、ランタナの花で吸蜜




★ ナミアゲハ、ラベンダーの香りに誘われて・・




★ ジャコウアゲハ雌




★ ツマグロヒョウモン雌







  1. 2012/07/16(月) 11:24:57|
  2. 野鳥・蝶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

愛くるしいカルガモの赤ちゃん








カルガモの親子の姿を見つめました~
今年誕生した8羽の愛くるしいカルガモのあかちゃん、
母親と一緒に池の中を元気に楽しく泳いでいました。

池の中の大きな鯉や亀さんがあかちゃんに近寄ってくると
母親は羽を広げ、ばたつかせて追い立てて我が子を守る姿が印象的でした。

そんなかわいいカルガモの親子の姿を
池の端で立ち止まって、毎日優しく見守る人々が多かったです。



① 母親についていくカルガモ赤ちゃん8羽





③ 先になって泳ぐカルガモ赤ちゃんたち





⑤ カルガモ一家岩の上で休息


⑥ 心配そうに母親を探して泳ぐあかちゃん8羽




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆ 木々に咲く花々 ★
最近撮影した野山の木々に咲く花々です


★ オオヤマレンゲ(大山蓮華) 別名:ミヤマレンゲ 
白い芳香のある花をうつむき加減に咲かせます





☆ タイサンボク(泰山木 大山朴)
半円球の白い花びらを重ね合わせた大輪の花は
なんと直径が最大では25cmという巨大さ





★ ズミ(酸実) 別名:コナシ  ミツバカイドウ
遠目には雪が積もったように満開の様子は魅力的


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ズミ1_1_2   ズミ2_3


☆ ヤブデマリ(藪手毬) 
湿った場所に多く見られて、名前は藪に生えて、手毬のように花を咲かせることから・・



マウスオン・アウトで見てね



★ ニシキウツギ(二色空木)
花色が白色から次第に紅色へと変わるため、
一枝に紅白の花が咲き華やかですね~


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ニシキウツギ3_1_1   ニシキウツギ2_2


☆ ヤマボウシ(山法師) 別名:ヤマグワ
白色から淡い紅色の花を枝いっぱいに咲かせる、
花弁に見えるのは純白の総苞(そうほう)で、本当の花は中央のまるい部分
秋に赤くなる果実は食べることができますね


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ヤマボウシ1_2_1   ヤマボウシ2_1_1






  1. 2012/06/14(木) 15:40:52|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
前のページ 次のページ

プロフィール

hhatayan

Author:hhatayan
カワセミ飛翔
神奈川県在住
はたやんの気まま写真館へようこそ!

時計 house

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
野鳥 (44)
花 (96)
野鳥・蝶 (1)
蝶・トンボ (0)
蝶 (0)
トンボ (0)
果実 (0)
花と蝶 (19)
イベント (0)
景色 (45)
花と果実 (9)
滝 (0)
花トンボ (1)
景色と野鳥 (0)
景色と花 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード