はたやんの気まま写真館

四季折々に気ままに撮った写真

真っ赤な夕陽に染まる海岸







静岡県西伊豆町には美しい夕陽を眺めるビューポイントが

堂ヶ島、黄金崎など数多くありますが、中でも

「大田子海岸に沈む夕陽」は格別に美しく とても感動的です。

「日本の夕陽100選」 (←詳細はここをクリック)

にも認定されていて、私の夕陽撮影のポイントの一つです。


春分と秋分の頃には奇岩メガネッチョ(上部に穴の開いた立岩)と

田子島(左:男島、右:女島の一対)付近に太陽が沈み

地元では「夕陽を見る会」が盛大に開かれます。



これまでには何回が出かけていって眺め撮影していましたが

今回も9月15日に夕陽が沈むのが見られるかどうか心配でしたが

車を走らせて行って来ました、幸いにも多少の雲はありましたが

何とかメガネッチョ岩と田子島の間に沈む夕陽と

真っ赤に染まる空・海模様を撮影できました。



○ 大田子海岸の夕陽 2011/ 9/15 17:46

大田子夕陽11ab


○ 大田子海岸の落日後の空・海模様 ①  18:13

大田子夕陽22ab


○ 大田子海岸の落日後の空・海模様 ②  18:19

大田子夕陽33ab


・・・・・・・・・・ ☆ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ ・・・・・・・・・・


◎ この時期盛りに咲いてる花々

・ ショウキズイセン(商輝水仙) ヒガンバナ科
ショウキズイセン1a   ショウキズイセン3a
画像クリックで拡大します


・ ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科
ヒガンバナアニメ画像1


・ カリガネソウ(雁金草) クマツヅラ科
カリガネソウ1a   カリガネソウ2a
画像クリックで拡大します


・ オミナエシ(女郎花) オミナエシ科
オミナエシ3a


・ シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科
シュウメイギク7a

シュウメイギクアニメ画像1







  1. 2011/09/25(日) 13:12:43|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

あじさい祭 下田公園



 



あじさい祭12a

伊豆下田市、市街と下田港が一望に出来る小高い丘に位置する下田公園

約10万坪の広大な敷地に15万株・300万輪のあじさいが敷地を

埋め尽くすように咲き、園内の遊歩道に延々と続く見事な大輪は

まさに圧倒されるほどでした。

これまでに数多くのあじさいの有名といわれたところを見て来ましたが

これほどの規模の大きさ、美しさはこれまで無かったように思えました



 下田港を見下ろす丘からの遠望

下田港を見下ろす丘1a


 遊歩道に沿って歩きながらご一緒に咲き乱れるあじさいを見ていきましょう

画像クリックで拡大標示します
あじさい祭1a あじさい祭2a あじさい祭4a

あじさい祭8a あじさい祭5a あじさい祭6a

あじさい祭7a あじさい祭8a あじさい祭9a


 さらに広い敷地を進んでいくと、こんな美しくて 素敵な景色を楽しむことが出来ます

あじさい祭10a

あじさい祭11a

あじさい祭13a

あじさい祭14a

あじさい祭15a


 最近では滅多に見られないカタツムリがなんと目玉と角出してご挨拶!

カタツムリアニメ画像1


 色とりどりのあじさいロードが延々と続いていて目を見張る美しさでした~

あじさい祭16a

あじさい祭17a

あじさい祭20a

あじさい祭21a


歩きつかれたところに・・・ここで一休み、今まで見て来たあじさいの美しさに しばし余韻に浸りました

元気がでるイスa





伊豆のわが庭に咲く花々

いずれも画像クリックで拡大標示します

◎ 南国の果実が実るパッションフルーツの花とあかちゃん果実

パッションフルーツの花3a パッションF果実1a パッションF果実2a

昨年までは果実が300個以上出来ていましたが今年は樹木の寿命が終わって
2代目の若木なので残念ながら多くの収穫は望めません



◎ 温州みかんの花 今年も甘くて美味しい果実の豊作が望めそうなので嬉しいです

温州みかん花1a 温州みかん花2a


 ヤマアジサイ「クレナイ」 挿し木で増やした10本に見事な花が咲きました~

紫陽花クレナイ2a 紫陽花クレナイ3a 紫陽花クレナイ4a


◎ ランタナ 七変化を楽しませてくれています

ランタナ1a ランタナ2a


◎ コバノタツナミ タツナミソウに比して草姿は低く茎に毛が生えている、海岸地域に多い

コバノタツナミ1a コバノタツナミ2a コバノタツナミ4a






  1. 2011/06/21(火) 10:38:07|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

Mt.Fuji 特集 ③ 最終

Mt.Fuji  


  今回は Mt.Fuji 特集の3回目 最終です   

みなとみらい富士2a
 12月23日 早朝の富士山

101223caa.jpg

画像クリックで拡大標示します
101223合成画像1ab



 伊豆スカイラインから眺めた富士山

 箱根大観山展望台から(標高 1011m) 芦ノ湖を眼下に見ての景色は素晴らしい!

大観山の富士1aa

大観山の富士2aa

 「天閣台」からの芦ノ湖と富士山
芦ノ湖遊覧の海賊船も遠くに見えています


天閣台の富士1aa

天閣台の富士2aa

 滝知山展望台から
もっと若かったら~富士を眺めながら大空を飛んでみたい


滝知山の富士2aa

滝知山の富士4aa

画像クリックで拡大標示します
滝知山の富士1ab 滝知山の富士5ab


  横浜港 大桟橋から夕映えの富士山

12月20日 比較的暖かかったので、夕映えの富士山が見られるかどうか心配しましたが
午後5時過ぎに見事な姿を見せてくれました~とてもラッキーでした


以下のサムネイルは画像クリックで拡大標示します
みなとみらい富士3ab

みなとみらい富士合成画像1ab

横浜港を母港とする豪華客船 飛鳥Ⅱも一緒に

みなとみらい富士7ab

みなとみらい富士6ab





☆ ☆ みなとみらい夜景 ☆ ☆

画像クリックで拡大標示します
みなとみらい夜景合成2ab

飛鳥Ⅱ この日はワンナイトクルーズで大勢の観光客を乗せて
ドラの音を合図に大桟橋を離れて出航していきました


飛鳥Ⅱ4aa

・・・ 追加の画像 ・・・  

12月27日の夕映えの富士山 (我が家の近くの高台から)

101227aa.jpg


同じ場所からの落日 16時26分

101227ba.jpg






  1. 2010/12/26(日) 13:39:07|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

Mt.Fuji 特集 ②



Mt.Fuji  


  前回に続いて、今回は Mt.Fuji 特集の2回目です   

 12月17日早朝の我が家の近くの高台から撮影 

101217aa.jpg (飛行機の前の黒点はカラスです)

画像クリックで拡大標示します
101217ba.jpg 101217ca.jpg 
(右端の山は信仰の山:大山です)



 山中湖近くのパノラマ台からの夕景富士

夕陽富士922a


 12月15日(水)御殿場高原から眺めたMt.Fuji

画像クリックで拡大標示します
御殿場高台からa


 山中湖湖畔からのハクチョウ&Mt.Fuji(12月15日撮影)

山中湖畔から1a

山中湖畔から3a


 忍野八海で有名な忍野村から(12月15日 撮影)

忍野村から1a

忍野村から2a

忍野村から3a


 花の都公園からイルミネーション&Mt.Fuji

前回のダイヤモンド富士を見た後で訪れました~
最後にFANTASEUM会場のイルミも一部UPしておきます


花の都公園から1a

花の都公園から93a

画像クリックで拡大標示します
花の都公園から2a 花の都公園から3a






花の都公園から6a

以下のサムネイルはクリックで拡大標示します

花の都公園から4a 花の都公園から5a

花の都公園から7a 花の都公園から8a

花の都公園から9a





Mt.Fuji 特集 ③最終 へ続きます



  1. 2010/12/22(水) 10:05:57|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

Mt.Fuji 特集 ①



Mt.Fuji  


これまでに美しい霊峰:富士山を撮り続けてきましたので
ごく最近に撮影したもの、過去に撮った画像も含めて
ここに2回に分けてUp致します。
拙い作品ですがご覧くだされば嬉しいです。

これからの時期、好天の日もおおく空気も澄んでいますので
富士山を眺めるには絶好のシーズンですね。




  ダイヤモンド富士

2010.12.15 山中湖湖畔にて撮影

富士山の頂上に太陽が重なって、皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえて
太陽がダイヤモンドのように美しく見えるため、このように呼ばれていますね


ダイアモンド冨士21a

ダイアモンド冨士6a


(あまり綺麗に撮れなかったので、晴れの日に再挑戦予定)



  横浜市街から眺めた冠雪の富士山

我が家のマンション近くの高台から撮影したものです
これからの時期には頻繁に綺麗な富士山が望まれます


101204aa.jpg



  だるま山高原からの富士山

これぞ日本一!という眺めのよさの素晴らしい場所です

晴れた日には、ここ「だるま山高原」の高台からは
駿河湾越に聳える富士山が眺められて、
大概の方々がその美しい眺めに感嘆の声をあげますね~

撮影:2010.12. 5(日)


サムネイルをクリックで拡大標示します、
さらに表示された画像右下へマウスポインターを置き、現れた拡大マークをクリックする
表示されたらPCの下部バーで左から右へ移動して見てね


だるま山合成4aab

(撮影した4枚の画像を合成して横長の作品にしています)

サムネイルクリックで画像拡大標示します
だるま山6a




  湘南海岸で夕陽に映える富士山

湘南顔岸・七里ケ浜にて撮影画像(過去保存から)

七里ケ浜からの富士山2a

サムネイル画像クリックで拡大標示します
七里ケ浜からの富士山1a





Mt.Fuji 特集 ② へ続きます



  1. 2010/12/16(木) 17:07:23|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

修善寺自然公園もみじ林






12月5日、快晴の日に伊豆市修善寺にある「自然公園 もみじ林」へ紅葉を見に行って来ました

今秋はいろんなところの見事な紅葉を見てきましたが、

今年、最後に見る紅葉もまさに見ごろを迎えていて、その素晴らしさに感動して帰って来ました。


もみじ林アニメ画像1

もみじ林紅葉1a

もみじ林紅葉7a

もみじ林紅葉5a

 伊豆市 修善寺自然公園もみじ林は

大正13年(1924年)に旧修善寺町制施行記念として作られたもので
その際、もみじや赤松、キンモクセイ、椿、サザンカ、ツツジも植えられ
順次整備がされて今日に至ったものだそうです。
特に「もみじ林」は伊豆最大といわれていて、その多くは11月下旬から
12月上旬にかけて美しく紅葉します、その鮮やかさは見事なものでした。


もみじ林紅葉2a

もみじ林紅葉3a

もみじ林紅葉4a

もみじ林紅葉8a


 富士見台からの冠雪の富士山が美しい姿を見せてくれていました

もみじ林富士見台から1a

もみじ林富士見台から2a


もみじ林紅葉96a

もみじ林紅葉91a

画像クリックで拡大標示します
もみじ林紅葉92a もみじ林紅葉93a

もみじ林紅葉94a


         

今年の私のモミジ狩はこれにて終了いたしました、
長らく見てくださって有り難うございました


         










  1. 2010/12/12(日) 11:13:33|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

鎌倉 長谷寺の紅葉ライトアップ



 


長谷寺a
鎌倉・長谷寺の紅葉ライトアップが見たくて出かけてきました~

点灯は午後4時半ごろと聞いていましたが、早めに行って
待つことにしました。
紫陽花が咲くころは何回も行っていましたが、紅葉の時期には
行ったことがなくて今回が初めてでした。

ブログ友達からは真っ暗のときよりも、まだ明るさが残るときの方が
ライトアップ画像としては綺麗に撮れるということを聞いていましたが
なるほど、撮影してみて実感しました。

今回は点灯し始めた直後に撮影した画像のみに絞ってUP致します。



 放生池の紅葉ライトアップ

ライトアップ紅葉7a

放生池に映る逆さモミジが綺麗でした~
上の紅葉画像がそのまま池に映ったものです

ライトアップ紅葉71a


 放生池周りの紅葉ライトアップ

ライトアップ紅葉4a

ライトアップ紅葉5a

ライトアップ紅葉8a

・・・ 画像クリックで拡大標示します ・・・
ライトアップ紅葉9a

ライトアップ紅葉6a


 その他境内の主だったライトアップ画像

ライトアップ紅葉1a

ライトアップ紅葉2a

ライトアプ紅葉91a ライトアップ紅葉92a


 鐘楼と和み地蔵ライトアップ

鐘楼と紅葉2a

和み地蔵a


本堂前に飾られていた 「BUTSU」 本堀 雄二氏 作

使用済みのダンボールから生まれたエコアートの象徴であり
現代の私たちに新しい仏の姿を提示して見せてくれていました。


BUTSU1a

BUTSU2a BUTSU3a








  1. 2010/12/10(金) 12:23:28|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

富士山と紅葉を求めて







  名峰:富士山が国の史跡に指定!

日本の最高峰で信仰の山としても知られる富士山など11件が、
新たに国の史跡に指定されることになりました


これは、文化庁の文化審議会が19日に高木文部科学大臣に答申したものです。
新たに国の史跡に指定される11件のうち、「富士山」は山梨県と静岡県の境界にそびえる
標高3776メートルの日本の最高峰です。
日本一の山という大衆的な側面のほか、「万葉集」の中で国の鎮めの神と歌われ、
現代に至るまで多くの登山者が訪れる「信仰の山」としても知られています。
富士山は、その景観の美しさから、これまで国の特別名勝に指定されていましたが、
日本の山岳信仰のあり方を考えるうえで歴史的にも重要な価値があるとして、
新たに国の史跡にも指定されることになりました


詳しくは → 19日のNHKニュースから

 11月19日・当日の富士山の雄姿 横浜の我が家の近くの高台から撮影

国の史跡指定を喜ぶかのように
快晴のもとの冠雪の富士山はまさに神々しく見えてました~


・・・ 画像クリックで拡大表示します ・・・
101119bのコピー


  冨士山と紅葉を見たくなって先日、富士五湖の中の
西湖湖畔~河口湖湖畔をドライヴしてきました~


この日の日の富士山の冠雪は少なくて、紅葉もイマイチでしたが・・
それでも場所によっては紅葉も陽に映えて綺麗でした。



☆ 西湖 いやしの里 根場からの富士山

・・・ 以下のサムネイルは画像クリックで拡大表示します ・・・

昔懐かしい「茅葺屋根群21棟」が見られます
根場4a 根場5a

茅葺屋根越しに見える富士山ですが・・冠雪も少なくてあまり機影には撮れてませんが富士山2a

富士山3a

富士山4a

富士山5a 富士山7a


☆ 西湖湖畔から眺めた富士山

西湖畔の富士山1a

西湖畔の富士山3a

西湖畔の富士山5a 西湖畔の富士山8a

☆ 河口湖湖畔の紅葉

ここでの富士山は逆光気味でしかも雲がかかっていて残念ながら・・綺麗には撮れませんでした

河口湖畔紅葉1a

河口湖畔紅葉2a



☆ おまけの画像  根場の里の中での花壇で見つけた蝶

アカタテハ
アカタテハ1a

アカタテハとキタテハ
アカタテハとキタテハa

キタテハ
キタテハ1a

キタテハ3a






  1. 2010/11/20(土) 10:56:34|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

秘境 奥只見湖の紅葉



 


紅葉真っ盛りの秘境と言われる「越後三山只見国定公園」の中の
奥只見湖の紅葉を遊覧船上から眺めてきました



★ 奥只見シルバーライン

奥只見ダムを作るために作られた道路でダム建設の資材運搬用として
S32年に3年の歳月をかけて完成したもので、
全長22km、実に18km19のトンネルが繋がっていて
長いところでは10km以上延々と続いてました。
今なお、岩肌が露出している箇所もあって当時の苦労がしのばれました。


silverlineトンネル
(画像、説明はネットから)

このシルバーラインを通って「銀山平」の船着場から
遊覧船「外輪船 ファンタジア号」に乗って
奥只見ダムのある「展望台船着場」まで約40分の湖上遊覧でした。



★ 銀山平船着場から乗船していざ出発!

外輪船ファンタジア号1a

外輪船ファンタジア号3a

鋼造3階・定員300名・アメリカミシシッピー河を運行していた
外輪船をモデルにして造られた遊覧船



★ 船着場から乗船してすぐの紅葉景色(パノラマ加工画像)

・・・ 以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します ・・・

奥只見湖合成1


★ 遊覧船の3階展望デッキから眺めた紅葉

奥只見湖2ab 奥只見湖3ab

切り立った鋸のような稜線を持つ雄大な山「荒沢岳」(越後三山の一つ)

荒沢岳11a

荒沢岳3a

奥只見湖6ab

奥只見湖8ab

パノラマ加工です

奥只見湖合成2

奥只見湖92ab

多くの滝の流れが見えてました~多分名前があるのでしょうが

滝の流れアニメ

奥只見湖97ab

奥只見湖98ab

奥只見湖99ab


★ 奥只見ダム展望台の船着場到着

奥只見湖103ab

奥只見湖105ab

移動用のスロープカーにのって駐車場へ

奥只見湖106ab






  1. 2010/11/10(水) 10:02:09|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

苗場山麓空中散歩



苗場から田代高原をつなぐゴンドラ「ドラゴンドラ」に乗って
刻々と表情豊かに姿を変える紅葉と花の名山として有名な雄大な「平標山」や
神秘的な「二居湖」を眺めながらの約5.5kmもある空中散歩を楽しんで来ました。


雨降りとの天気予報も見事に外れて、当日は運良く快晴で
長さ5481mは世界最長(1区間距離)と言われているドラゴンドラでの
片道約30分は目を見張る美しさでした。

沢山撮影した画像から絞り込んで10枚の画像でお届けです
ドラゴンドラに乗ってるつもりでご覧いただければ幸いです


naeba1a.jpg

naeba2a.jpg

naeba6a.jpg

・・・ 以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します ・・・
naeba31a.jpg


エメラルドグリーンの神秘的な「二居湖」が紅葉の中で美しい

naeba4a.jpg

ドラゴンドラの長さを撮影したつもりですが・・その旨見えるでしょうか

naeba51a.jpg

naeba7a.jpg

naeba8a.jpg

ゴンドラの終点田代高原の紅葉はすでに終わっていましたが
途中の山麓の紅葉はどこもこのように素晴らしいものでした~


naeba11a naeba10a.jpg





次回は 越後三山只見国定公園:奥只見湖の船上から眺めた紅葉です





  1. 2010/11/06(土) 12:09:50|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

南信州へ行って来ました~ ③



~ ③




コスモス8ab

この日は中央アルプス駒ヶ岳ロープウエイに乗って一気に千畳敷カールへ行く予定でしたが
地元の友人の話にによれば山上はまだ紅葉もイマイチだし、今日は天候もよくないとのことで
急遽取りやめて、爽やかな駒ヶ根高原を散策しました~


 コスモスが満開に咲いてきれいでした

爽やかな高原に咲く色とりどりのコスモスが輝いていました

コスモス1a

コスモス2a

コスモス3a

コスモス4a

ヒメアカタテハ(クリックで拡大します)
コスモス9a     コスモス91a


☆ 霊犬早太郎伝説と光苔で有名な光前寺へ参拝

このお寺は正式には天台宗別格本山「宝積山光前寺」といって詳しくは → こちらから

まずは仁王門を潜り抜けて参道を進みましょう
仁王門a

左側庭園にはヒガンバナが咲き、リンドウの花、コムラサキも見られました~
ヒガンバナa リンドウa コムラサキ1a

杉並木の参道を進んでいくと両側の石垣の間から光線に反射して
美しく神秘的な光を放っている「光苔」が見られました

参道石垣a

光苔 1
光苔1a

光苔 2
光苔2a

光苔 3
光苔3a

次に「三門」を通って秘仏御本尊 不動明王をまつる祈願霊場の「本堂」へ参拝です
三門a

本堂a

三重の塔・鐘楼
三重塔a     鐘楼a

樹齢数百年の杉の巨木に囲まれた境内には十余棟を備えた長野県下屈指の
大寺で、南信州随一の祈願霊場として、広く信仰を集めているものだそうです。
又境内全域約6.7ヘクタールが国の名称に指定されています。





駒ヶ根高原を後にして、松川町でりんご狩、ぶどう狩りを楽しみ飯田市へ向かって
車を走らせて天竜峡の船下りを体験しました


りんご狩1a

りんご狩2a

りんご狩5a

ぶどう狩1a

ぶどう狩2a     ぶどう狩3a

途中高森町の市田柿の鈴なりの干し柿場面を見たかったのですが
時期的には少し早かったようで見られずに、近くの高森不動滝を見て来ました

高森町不動滝1a



天龍峡船下り

天竜峡奥三河国定公園、天龍ライン下りを体験してきました
渓谷の紅葉はまだ早かったですが川面を吹く風は涼しくて
楽しい船旅でした


天龍ライン下り1a

天龍ライン下り2a

ガイドさんの歌った「天龍下れば」は上手だったな~
西条八十 作詞 中山晋平 作曲. ハアー 天竜下ればヨー ホホイノ サッサ.
しぶきに濡れてヨー 咲いたさつきにエー. 咲いたさつきに 虹の橋・・・


天龍ライン下り4a

天龍ライン下り3a 天龍ライン下り5a 天龍ライン下り6a

途中船頭さんが投げ網の妙を見せてくれました
投網の技アニメ画像

網の中には大きなウグイが・・
ガイドさんが船上で塩焼きにして、味見させていただきました

ウグイa

船の終着唐笠港からは無人駅のJR飯田線唐笠駅から
乗車して戻ってきました

飯田線からかさ駅1a     飯田線からかさ駅2a








  1. 2010/10/13(水) 13:07:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

帆船日本丸の総帆展帆

日本丸11a

昨日、海の日に横浜みなとみらいにある帆船日本丸の
総帆展帆(そうはんてんぱん)があり29枚の帆がすべて広げられました
1930年(昭和5年)に製造され船員を養成する練習帆船でした。
今年、傘壽を迎えた日本丸ですが帆をすべて広げた
その優雅な姿はまさに「太平洋の白鳥」に相応しい美しさでした。
 
太陽が照りつける中、広げ始めからず~っと見てましたが、やはり暑かったです

この日はさらに満船飾(国際信号旗を掲揚する)も同時に行われました。
総帆展帆は今年は全部で12回行われる予定になっていて次回は8月8日(日)予定とのこと

定員:138名   総トン数:2278トン   全長:97m   幅:13m  
総帆数:29枚(畳1245枚分)   最高マストの高さ:水面から46m

はまっこでも総帆展帆の回数は年間を通じても数少なく見る機会が少ないので、
大勢の人が見に来ていました。


★ 広げ始めからの様子

日本丸5
高いマストの上のボランティアの人姿が小さく見えてます

日本丸6

日本丸7

日本丸44



★ 帆を全部広げた日本丸

日本丸33

日本丸22

日本丸8

日本丸9


★ 乗船して見た船内の様子

以下のサムネイルは画像クリックで拡大します

 デッキとバウスプリット(帆船の舳先)

日本丸a 日本丸g

 操舵室から
日本丸b 日本丸c 日本丸d

日本丸e 日本丸f

 メインマスト・船長公室・揚錨機(25トンのイカリを巻き上げる

日本丸h  日本丸i  日本丸j

 きせる形通風管・船のり結びいろいろ

日本丸k  日本丸l







  1. 2010/07/20(火) 14:16:13|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

萬城の滝渓谷散策







萬城の滝cc


6月中旬の晴れた日に中伊豆にある「萬城の滝」をはじめ、
萬城渓谷を涼しさ求めて散策しました。


萬城の滝全景

天城の山々から湧き出る清冽な水を集めて四季を通じてその勢いは衰えず
轟々と流れ落ちるこの滝は高さ20m幅6mの名瀑布


以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します

萬城の滝aa   萬城の滝b

 萬城の滝の上流に落ちている滝

小滝:小さいが水量豊富で轟音をひびかせて落ちている
小滝a

カーテン滝:カーテンを広げたように清流が落ちている
カーテン滝

さらに上流には伊豆特産のワサビ畑が広がっている
ワサビ畑 渓流1


○ 渓流遊歩道には可憐な花々が咲いてしばし気分をを和らげてくれました

ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ5

ムラサキサギゴケ2 ムラサキサギゴケ3

コガキウツギ(小額空木)
コガクウツギ5a コガクウツギ3

アオマムシグサ
アオアマムシグサa   アオアマムシグサc


 渓流にはトンボが舞っていました~

 オオカワトンボ
オオカワトンボcb オオカワトンボdb

ミヤマカワトンボ
ミヤマカワトンボbb ミヤマカワトンボcb


 滝壺近くで餌を探すキセキレイ

キセキレイ42

渓流石の上でのキセキレイ 2画像
キセキレイ61 キセキレイ62

渓流沿いでカワガラスを発見!
四季を通じて渓流の上流部に生息していて、岸から水に潜って川底を自由に
歩き回って水生昆虫を捕らえる。短めの尾を上下に振る習性があるそうです。

カワガラス2




  1. 2010/06/27(日) 11:35:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

瀬戸屋敷のひなまつり






神奈川県足柄上郡開成町にて

屋敷林に囲まれた広大な敷地に、
茅葺の大きな主屋、千俵蔵と呼ばれる土蔵、井戸、水車などが点在している瀬戸屋敷で
瀬戸家収蔵のお内裏様、お雛様を飾る「ひなまつり」が開催されていました。
そのほかに、婦人会手つくりの7000個以上のつるし雛飾りもあって、
瀬戸屋敷はひなまつり一色に包まれていました。



瀬戸ひなまつり91a

サムネイル画像をクリックすると拡大表示します

瀬戸屋敷ひな1 瀬戸屋敷ひな2 瀬戸ひなまつりd 雛飾り説明


瀬戸ひなまつり4 瀬戸ひなまつり3 瀬戸ひなまつり92 瀬戸ひなまつり6


瀬戸ひなまつり7 瀬戸ひなまつり8 瀬戸ひなまつりc 瀬戸ひなまつり5


瀬戸ひなまつり93





  1. 2010/03/03(水) 19:45:30|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

時之栖イルミネーション

光のトンネル11のコピー

全国的にも有名な御殿場高原の「時之栖(ときのすみか)冬のイルミネーション」を観て来ました。
毎年趣向を凝らしたイルミネーションで多くの人々を感動させてくれていますが、
今年も素晴らしいイルミネーションに魅せられて帰って来ました。

・・・ 2010年 3月 7日まで開催  毎日点灯時間は 17時~21時30分 ・・・



 今年の時之栖イルミネーションの大きな特徴は・・・

   ・15×15m 巨大な星の王子様のLED(16万球)モチーフ
   ・人工的なオーロラ(日本で初めてのオーロラ発生機)
   ・400万球以上の電球とトナカイのソリのモチーフ
   ・光のトンネル なんと長さ400m
   ・トナカイ北極ソリ6台 18頭
   ・氷上の妖精 150体
   ・シャンデリア30台    などなど





 光のトンネル 芸術的な美しさ

光のトンネル入り口


以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します

光のトンネル1            光のトンネル22

光のトンネル23            光のトンネル24


光のトンネル3  光のトンネル4  光のトンネル5


 トナカイ北極のソリ

トナカイ北極ソリ1a  トナカイ北極ソリ2a  トナカイ北極ソリ3a


 光のトンネル(続き) 2つ目の光のトンネル

光のトンネル第2の入り口  光のトンネル第2ab  光のトンネル第2c


 礼拝堂イルミ

礼拝堂イルミ1  礼拝堂イルミ2  礼拝堂イルミ3


 光のシャンデリア他

光の置物3


光の置物1            光の置物2


        ホテル時之栖      天然温泉気楽坊     前島秀幸美術館

ホテル時之栖  天然温泉気楽坊  前島秀幸美術館


 巨大な星の王子様のLED(16万球:15m×15m))モチーフ

星の王子様1



星の王子様2            星の王子様3


星の王子様アニメ画像>


 息をのむ 魅惑のオーロラ 

オーロラ1

オーロラ2


オーロラ3 オーロラ4 オーロラ5 オーロラ6


オーロラ7









  1. 2010/02/03(水) 18:19:18|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

宮ケ瀬湖 イルミネーション

 

宮ケ瀬光のメルヘン

神奈川県愛甲郡清川村にある宮ケ瀬湖イルミネーションを見に行ってきました

ちなみに、宮ヶ瀬湖は東丹沢にある宮ヶ瀬ダム建設によってできたダム湖であり、
神奈川県愛甲郡愛川町、同郡清川村、相模原市の3市町村にまたがります。
宮ヶ瀬ダムは中津川をせき止め2000年12月に完成したが、
宮ヶ瀬湖自体は宮ヶ瀬ダム完成前の試験湛水によって1998年にできていたものです。


k-1 イルミネーションガイドマップ クリックで拡大表示します

イルミガイドマップ
以下の画像はこのガイドマップを参考にご覧くだされば嬉しいです

k-1 30m超の自生のモミの木のXmasツリー 画像クリックで拡大します
モミの木の周りをロードトレイン:ミーヤ号が走ってます(左画像)
miya gase1 miyagase2.jpg

日中のジャンボツリーで、人の姿からもその大きさがうかがえますね
miyagase21.jpg

k-1 水の郷大つり橋ライトアップ
miyagase3.jpg

k-1 イルミネーション:メイン階段 
miyagase4.jpg

k-1 プロムナードステージからの眺め
miyagase5.jpg


k-1 イルミの間からのXmasツリー           満月も見えて 左右ともクリックで拡大します
miyagase6.jpg miyagase7.jpg

k-1 幸せの鐘 クリックで拡大します
miyagase8.jpg miyagase81.jpg

k-1 夜空に映える光のメルヘンいろいろ・・

miyagase9a.jpg


miyagase9b.jpg


miyagase9c.jpg


miyagase9d.jpg


miyagase9e.jpg

  1. 2009/12/18(金) 10:35:37|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

紅葉のドレスアップ 琵琶湖畔でのクラス会




         見事な紅


私の故郷でもある福井市の中学校同窓会(クラス会23名出席)が先日、滋賀県の琵琶湖畔の雄琴温泉1泊で開催されました。
この時期の紅葉が美しくて有名な「大本山石山寺」・「総本宮日吉大社」・「臨済宗大本山永源寺」をまわり、さらには「国宝彦根城」、「中仙道醒ヶ井宿の町並みと清流地蔵川」を訪ねて来ました。
全国に散らばっている同じクラスだった級友が2年に1回集まって開催しています、今回は関西在住の方々の担当で企画されて、幹事さんの素晴らしい立案とご案内に心から感謝を申し上げます。
次回も又、みんな揃って、元気で参加できるように誓いあって、楽しかったクラス会を散会しました。




 紫式部ゆかりの大本山石山寺の紅葉 

聖武天皇の頼願により良弁僧正によって開基され歴朝の尊崇あつい由緒ある寺院で、西国巡礼十三番札所

◎ 石山寺東大門(重要文化財指定)
a1.jpg

◎ 源氏の間:紫式部が「源氏物語」を書いたところと伝えられている
b9.jpg

◎ 多宝塔(日本最古のもので国宝)と硅灰石(国の天然記念物、石山の由来はこの石から)
a7.jpg

◎ 境内の紅葉は見事!  それぞれの画像の上でクリックすれば拡大表示します
a8.jpg a9.jpg
b2.jpg b4.jpg
b7.jpg b8.jpg

b98.jpg

b99.jpg




 総本宮日吉大社の紅葉 

大津市に有って、全国3800余の分霊社(日吉、日枝、山王神社)の総本宮で、境内には3000本のモミジがあり、関西屈指の紅葉の名所として参拝者で賑わってました。

c1.jpg

c99.jpg

c991.jpg
それぞれの画像の上でクリックすれば拡大表示します
c2.jpg c3.jpg
c4.jpg c93.jpg
c9.jpg c96.jpg





 臨済宗大本山永源寺境内の紅葉 

120段の先にある名刹で参道一帯にはモミジ・カエデが多く、紅葉期には多くの観光客で賑っていて、
紅葉が鮮やかでした


d1.jpg

d2.jpg

d998.jpg
それぞれの画像の上でクリックすれば拡大表示します
d3.jpg d4.jpg
d5.jpg d6.jpg
d96.jpg d98.jpg




 醒ヶ井宿の町並みと清流地蔵川

中仙道の宿場町として栄え、今も古い町並みを残していて、
町内を流れる地蔵川の清流に咲くバイカモもが有名です


それぞれの画像の上でクリックすれば拡大表示します
f2.jpg f4.jpg

f93.jpg

f9.jpg

f6.jpg

f94.jpg
バイカモ:初夏には大きなバイカモが見られる
f1.jpg

f7.jpg f3a.jpg
ハリヨ
f91.jpg




 国宝彦根城 天守閣

それぞれの画像の上でクリックすると拡大表示します
e6.jpg e4.jpg

人気者「ひこにゃん」と天守閣からの眺望
e2.jpg e5.jpg

天秤櫓(てんびんやぐら)
e8.jpg e9.jpg



  1. 2009/11/30(月) 16:05:40|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

花貫渓谷・袋田の滝・竜神大吊橋へ




        


先日、写真クラブの仲間と紅葉を求めて花貫渓谷・袋田の滝・竜神大吊橋へ

行ってきました。紅葉は見事でしたが、やはりどこも観紅葉の人々で大賑わいでした。

人波にもまれて、ゆっくり観れなかったのが残念でした。



 花貫渓谷

茨城観光100選で第2位に入選していて、全国でも珍しい海の見える花貫ダムの上流にあり、
渓谷沿いの遊歩道先には「汐見滝吊橋」があり、紅葉の名所になっている。


◎ 汐見滝吊橋近くの紅葉 人々で大賑わい、ゆっくりカメラも向けられなかった

花貫渓谷1

 人混みのなかで、吊橋の上から「汐見の滝」を眺めて・・吊橋が揺れて撮り難い

花貫渓谷2

 吊橋を降りて撮影の「汐見の滝」画像 

花貫渓谷3

 吊橋を下から眺めた紅葉 サムネイルはクリックで拡大します

花貫渓谷5


 吊橋近くの紅葉・・キレイでした~

花貫渓谷6

花貫渓谷7

花貫渓谷8



◎ 袋田の滝

久慈川の支流にある高さ120m、幅73mの巨大な滝、「那智の滝(和歌山)、「華厳の滝(栃木)」と
並ぶ日本三名瀑の一つ。滝の流れが四段に落下することから「四度の滝」とも呼ばれているが、一説には「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ、真の風趣は味わえない」と平安時代の歌人 西行法師が旅の途中に絶賛したからとも言われているようです。


 山々の紅葉

袋田の滝3

 川沿いの紅葉 クリックで拡大します

袋田の滝5          袋田の滝6


 袋田の滝 
あまりの人の多さに新しく出来た観瀑台には制限されていて、次の予定もあって、行けなかったのが残念でした。

袋田の滝2

以下のサムネイルはクリックで拡大します

袋田の滝93

袋田の滝8          袋田の滝9


袋田の滝91




 竜神大吊橋

竜神ダムにかかる長さ120m、高さ100mの大吊橋で本州一の長さ。阿武隈・八溝山系の山々を
はるか遠くまで見渡せる。特に秋の紅葉は見事なものが有ります。


竜神大吊橋1

竜神大吊橋2

◎ 吊橋の上からの眺め

竜神大吊橋3

竜神大吊橋4

竜神大吊橋5

竜神大吊橋6





  1. 2009/11/23(月) 13:40:20|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

十月桜と紅葉



  



伊豆・伊東にある大室山「さくらの里」の十月桜が先日見ごろを迎えていました

町田市野津田町にある薬師池公園で見事な紅葉を見てきました。




 さくらの里にて

十月桜2バックは大室山

十月桜7

十月桜3


十月桜5


十月桜6




 薬師池公園にて紅葉・黄葉

薬師池紅葉1

薬師池紅葉3

薬師池紅葉5

薬師池紅葉6

薬師池黄葉7

薬師池黄葉9

薬師池黄葉8


旧荻野家住宅(移築復元されたもの)と紅葉
旧荻野家住宅

医薬門(移築されたもの)
薬医門11





      次回は 「種の旅立ち」 彩りいっぱい秋の花木の実 5 へ続きます


  1. 2009/11/12(木) 12:43:28|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

山中湖畔からの景色






「種の旅立ち」特集中ですが、今回、飛び入りで「山中湖畔からの景色」を登載いたします。





 山中湖を見下ろす高台「パノラマ台」からの夕陽の富士山(10/31)

富士山撮影の人気のスポットで、この日は秋田、宇都宮ナンバーのキャンピングカーや
千葉ナンバーはじめ多くの車、カメラマンで賑わっていました。
寒い風が吹く中、夕陽の落ちるのを待って、寒さに震えながらシャッター押しました

夕陽富士2a

夕陽富士4ab

夕陽富士5ab

画像クリックで拡大します

夕陽富士8ab



 昨日(3日)横浜、我が家近くの高台から眺めた富士山

画像クリックで拡大表示します

富士山091103aa



 夕焼けの渚・紅葉祭り(ライトアップ初日)(10/31)

渚紅葉1

以下のサムネイルはクリックで拡大します

渚紅葉11a

渚紅葉2          渚紅葉4

渚紅葉6

渚紅葉3a



◎ 吸蜜中の蝶 山中湖畔、花の都公園にて(10/31)

アカタテハ
アカタテハ5          アカタテハ8

ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ1          ヒメアカタテハ5

キタテハ
キタテハd          キタテハc

クジャクチョウ
クジャクチョウ2          クジャクチョウ8

モンキチョウ
モンキチョウ1          モンキチョウ3





        次回は 「種の旅立ち」 彩りいっぱい秋の花木の実 へ続きます



  1. 2009/11/04(水) 14:22:33|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
前のページ

プロフィール

hhatayan

Author:hhatayan
カワセミ飛翔
神奈川県在住
はたやんの気まま写真館へようこそ!

時計 house

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野鳥 (44)
花 (93)
野鳥・蝶 (1)
蝶・トンボ (0)
蝶 (0)
トンボ (0)
果実 (0)
花と蝶 (19)
イベント (0)
景色 (45)
花と果実 (9)
滝 (0)
花トンボ (1)
景色と野鳥 (0)
景色と花 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード