はたやんの気まま写真館

四季折々に気ままに撮った写真

伊豆高原の花散策から ②



ら ②


伊豆の我が家の庭で、友人宅の大庭園で、
そして又、ぶらリ伊豆高原散策で見つけた花々を特集しました~
前回に続いて、今回は2回目です





☆ 十月桜 バラ科 サクラ属

静岡県伊東市 伊豆高原大室山麓の「さくらの里」から


十月桜アニメ

バックの山が大室山ですね
十月桜1a

十月桜2a 十月桜11a


☆ ダイトウチャ(大東茶) 別名:タイワンツバキ

画像のように、蕾が数個~十個ほど固まってついていて、
順次咲くので、11月~4月ころまでと花期が長いそうですね


ダイトウチャ1a

ダイトウチャ2a


☆ ノボタン(野牡丹) ボタン科

ブラジル原産の花で、牡丹のように美しいので、この名前になったそうな・・

ノボタン3a

ノボタン4a


☆ イソギク(磯菊) キク科

東伊豆の海岸に群生地があって、有名ですね~
太平洋の海岸岩場に自生するので「磯菊」の名が


イソギク2a

イソギク3a


☆ ツワブキ(石蕗) キク科

前の由来は「葉に艶のある蕗だとか」この時期良く見られますね~

ツワブキ1a

葉に黄色い斑入りも人気のようです(園芸品種の「天星」)
ツワブキ3(天星)a


☆ カラスウリの実(烏瓜) ウリ科 カラスウリ属

カラスウリの実1

カラスウリの実2

カラスウリの種
カマキリの頭にも似て、大黒様の打出の小槌にも似ているので、
このタネを財布の中に入れておくと金運が良くなるとか・・・

因みに、私の財布に昨年から入れていますが、ちっとも金運良くならないのはどうしたことか?


カラスウリのタネ1 カラスウリのタネ2
昨年の特集「種の旅たち」からの画像







スポンサーサイト
  1. 2010/11/26(金) 12:50:56|
  2. 花と果実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

伊豆高原の花散策から ①



ら ①


伊豆の我が家の庭で、友人宅の大庭園で、
そして又、ぶらリ伊豆高原散策で見つけた花々を特集しました~





◎ ワタの花

ワタの花アニメ

◎ ワタの花後に出来た実

ワタの実アニメ

・・・ 以下のサムネイルはクリックで拡大標示します ・・・

ワタの実1a ワタの実2a


◎ ハマギク(浜菊) キク科ハマギク属

ハマギク1a

ハマギク2a


◎ ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) タデ科イヌタデ属

増えすぎて困ってます・伊豆へ行くたびごとに抜き取ってますが、この状況です

ヒメツルソバ3a

ヒメツルソバ4a


◎ チャノキの花(茶の木) ツバキ科ツバキ属

花は椿の花に似た白花で可愛らしい、花後の果実もツバキに良く似ている

チャノキの花1a

チャノキの実

チャノキの実a


◎ クロレデンドルムウオリキー:和名=クラリンドウ  クマツヅラ科クロレデンドルム属

難しい名前なので和名:クラリンドウで流通してるようです
常緑低木. 用途, 小~中鉢 花壇. 原産地, 東南アジア. 特徴 高さ1~2mの直立性の 低木


クラリンドウ1a

クラリンドウ2a


◎ ザクロ(石榴)の果実 ザクロ科ザクロ属

食べるのは種子の外皮で汁気が多く甘酸っぱいですよね~

ザクロの実1a ザクロの実2a





 



画像クリックで拡大標示します
桃洞の滝2aのコピー
とうどうの滝

秋田県森吉町小又川の上流、小又峡の奥、ノロ川に落ちる分岐瀑で
落差30mの桃を半分に割ったような何とも個性的な不思議な形をした滝
一筋の流れが滝最上部から左右に広がり滝壷では又一点に集まって落ちている。




  1. 2010/11/22(月) 23:08:18|
  2. 花と果実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

富士山と紅葉を求めて







  名峰:富士山が国の史跡に指定!

日本の最高峰で信仰の山としても知られる富士山など11件が、
新たに国の史跡に指定されることになりました


これは、文化庁の文化審議会が19日に高木文部科学大臣に答申したものです。
新たに国の史跡に指定される11件のうち、「富士山」は山梨県と静岡県の境界にそびえる
標高3776メートルの日本の最高峰です。
日本一の山という大衆的な側面のほか、「万葉集」の中で国の鎮めの神と歌われ、
現代に至るまで多くの登山者が訪れる「信仰の山」としても知られています。
富士山は、その景観の美しさから、これまで国の特別名勝に指定されていましたが、
日本の山岳信仰のあり方を考えるうえで歴史的にも重要な価値があるとして、
新たに国の史跡にも指定されることになりました


詳しくは → 19日のNHKニュースから

 11月19日・当日の富士山の雄姿 横浜の我が家の近くの高台から撮影

国の史跡指定を喜ぶかのように
快晴のもとの冠雪の富士山はまさに神々しく見えてました~


・・・ 画像クリックで拡大表示します ・・・
101119bのコピー


  冨士山と紅葉を見たくなって先日、富士五湖の中の
西湖湖畔~河口湖湖畔をドライヴしてきました~


この日の日の富士山の冠雪は少なくて、紅葉もイマイチでしたが・・
それでも場所によっては紅葉も陽に映えて綺麗でした。



☆ 西湖 いやしの里 根場からの富士山

・・・ 以下のサムネイルは画像クリックで拡大表示します ・・・

昔懐かしい「茅葺屋根群21棟」が見られます
根場4a 根場5a

茅葺屋根越しに見える富士山ですが・・冠雪も少なくてあまり機影には撮れてませんが富士山2a

富士山3a

富士山4a

富士山5a 富士山7a


☆ 西湖湖畔から眺めた富士山

西湖畔の富士山1a

西湖畔の富士山3a

西湖畔の富士山5a 西湖畔の富士山8a

☆ 河口湖湖畔の紅葉

ここでの富士山は逆光気味でしかも雲がかかっていて残念ながら・・綺麗には撮れませんでした

河口湖畔紅葉1a

河口湖畔紅葉2a



☆ おまけの画像  根場の里の中での花壇で見つけた蝶

アカタテハ
アカタテハ1a

アカタテハとキタテハ
アカタテハとキタテハa

キタテハ
キタテハ1a

キタテハ3a






  1. 2010/11/20(土) 10:56:34|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

冬鳥のシーズン到来






このところ朝晩はめっきり寒くなって来ましたね~
遠いシベリアなど北の国からカモ類を中心に飛来が見られるようになって来ました。
そんなある日、近くの池へ冬鳥を観察に行ってきました。
まだ数は少ないものの
遠い旅をしてきた割には元気なカモたちを見ることが出来ました。




☆ コガモ♂ カモ類の中では日本で最小、今年は早くから見ることが出来ましたが
完全な成鳥羽までにはもう少し時間がかかりそう


・・・ 以下のサムネイルはクリックで拡大表示します ・・・

コガモ♂2a コガモ♂3a


☆ オナガガモ♂ 成鳥の♂は頭部がこげ茶色で前頸は白く、中央尾羽は尖ってるのが特徴

オナガガモ♂4a


☆ キンクロハジロ♂ 黒っぽい顔に黄色の目がやたらと目に付く、成鳥♂には後頭部に冠羽がある

キンクロハジロ♂8a


☆ ホシハジロ♂ 成鳥♂は頭部が赤褐色で目は赤く、
胸は黒くて全体に白っぽく黒波状班が蜜にある。


ホシハジロ♂4a


☆ ヒドリガモ♂ 成鳥♂は頭上がクリーム色で顔から胸は赤褐色
体は灰色で細かい模様があるのが特徴


ヒドリガモ♂7a


☆ ヒドリガモ♀ 成鳥♀は濃褐色で腹が白い、雌雄共に嘴は鉛色で先は黒い

ヒドリガモ♀3a ヒドリガモ♀4a


ヒドリガモ♀の羽ばたきとそれを見つめる小さなカイツブリ

アニメ画像に加工して動きを表現してみました~

ヒドリガモ♀カイツブリアニメ2


見つめていた小さなカイツブリも同じように羽ばたきをして見せてくれました。

カイツブリのこのような羽ばたき行動は非常に珍しいと思います。

私にも出来るよう~と言わんばかりの羽ばたきでした


カイツブリアニメ







  1. 2010/11/16(火) 09:59:27|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

秘境 奥只見湖の紅葉



 


紅葉真っ盛りの秘境と言われる「越後三山只見国定公園」の中の
奥只見湖の紅葉を遊覧船上から眺めてきました



★ 奥只見シルバーライン

奥只見ダムを作るために作られた道路でダム建設の資材運搬用として
S32年に3年の歳月をかけて完成したもので、
全長22km、実に18km19のトンネルが繋がっていて
長いところでは10km以上延々と続いてました。
今なお、岩肌が露出している箇所もあって当時の苦労がしのばれました。


silverlineトンネル
(画像、説明はネットから)

このシルバーラインを通って「銀山平」の船着場から
遊覧船「外輪船 ファンタジア号」に乗って
奥只見ダムのある「展望台船着場」まで約40分の湖上遊覧でした。



★ 銀山平船着場から乗船していざ出発!

外輪船ファンタジア号1a

外輪船ファンタジア号3a

鋼造3階・定員300名・アメリカミシシッピー河を運行していた
外輪船をモデルにして造られた遊覧船



★ 船着場から乗船してすぐの紅葉景色(パノラマ加工画像)

・・・ 以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します ・・・

奥只見湖合成1


★ 遊覧船の3階展望デッキから眺めた紅葉

奥只見湖2ab 奥只見湖3ab

切り立った鋸のような稜線を持つ雄大な山「荒沢岳」(越後三山の一つ)

荒沢岳11a

荒沢岳3a

奥只見湖6ab

奥只見湖8ab

パノラマ加工です

奥只見湖合成2

奥只見湖92ab

多くの滝の流れが見えてました~多分名前があるのでしょうが

滝の流れアニメ

奥只見湖97ab

奥只見湖98ab

奥只見湖99ab


★ 奥只見ダム展望台の船着場到着

奥只見湖103ab

奥只見湖105ab

移動用のスロープカーにのって駐車場へ

奥只見湖106ab






  1. 2010/11/10(水) 10:02:09|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

苗場山麓空中散歩



苗場から田代高原をつなぐゴンドラ「ドラゴンドラ」に乗って
刻々と表情豊かに姿を変える紅葉と花の名山として有名な雄大な「平標山」や
神秘的な「二居湖」を眺めながらの約5.5kmもある空中散歩を楽しんで来ました。


雨降りとの天気予報も見事に外れて、当日は運良く快晴で
長さ5481mは世界最長(1区間距離)と言われているドラゴンドラでの
片道約30分は目を見張る美しさでした。

沢山撮影した画像から絞り込んで10枚の画像でお届けです
ドラゴンドラに乗ってるつもりでご覧いただければ幸いです


naeba1a.jpg

naeba2a.jpg

naeba6a.jpg

・・・ 以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します ・・・
naeba31a.jpg


エメラルドグリーンの神秘的な「二居湖」が紅葉の中で美しい

naeba4a.jpg

ドラゴンドラの長さを撮影したつもりですが・・その旨見えるでしょうか

naeba51a.jpg

naeba7a.jpg

naeba8a.jpg

ゴンドラの終点田代高原の紅葉はすでに終わっていましたが
途中の山麓の紅葉はどこもこのように素晴らしいものでした~


naeba11a naeba10a.jpg





次回は 越後三山只見国定公園:奥只見湖の船上から眺めた紅葉です





  1. 2010/11/06(土) 12:09:50|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

散策で見つけた花々と実 ⑤



実 ⑤


今回は5回目のおとどけです、ご覧くだされば嬉しいです

ヤマシャクヤクの実2ab
 ヤマシャクヤクの実・タネ

真っ白い楚々として咲く花に似合わず、
ヤマシャクヤクの実は赤く弾けて中から黒い種が飛び出してました


ヤマシャクヤクの実1a

ヤマシャクヤクの実4a


 サクラタデ(桜蓼) タデ科

極めて小さい花で風に揺られると大変撮りにくい花ですね
この画像はクローズアップしたもので大きく見えてますが・・


サクラタデ2a

サクラタデ4a

実際にはこのように小さい花ですね
サクラタデ1a


 ススキ(薄) イネ科

箱根の山中での群生画像です、これだけの花穂は見事でした

以下のサムネイルはクリックで拡大表示します
ススキ1

ススキ3a

ススキ2a


 コムラサキの果実 クマツヅラ科

淡い紫色の花もいいですが、やはり見事なのは濃い紫色の果実ですね
人気があって庭木に植栽する人が多いですね


コムラサキ実3a

コムラサキ実1a


 ホテイアオイ(布袋葵) ミズアオイ科

アルゼンチン原産で明治時代に渡来したそうな、池で繁殖している
一日花で翌日には水中に沈んでしまうはかない命の花


ホテイアオイ1a

ホテイアオイ2a


 ハナミズキの果実  ミズキ科  別名:アメリカハナミズキ

路樹や公園樹として植えられていて、
この時期には楕円形の真っ赤な果実が目を引きますね
葉っぱの紅葉も見応えありますね


以下のサムネイルはクリックで拡大表示します
skハナミズキ11     skハナミズキ22






 



サムネイルはクリックで拡大表示します
三階の滝のコピー

段瀑・幅7m、落差181mのこの滝は蔵王山中白石川の支流である松川上流の
澄川渓谷を代表する名瀑でブナやカツラの林の中を三段になって落下する姿は圧巻である。
「日本の滝100選」にも選ばれている。
この滝はすぐに霧が立ち込めて、全容をとらえるのはなかなか難しいといわれているが、
撮影時には展望台から運良く紅葉の中輝いて落下する姿を見ることが出来ました。




  1. 2010/11/03(水) 16:45:06|
  2. 花と果実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

プロフィール

hhatayan

Author:hhatayan
カワセミ飛翔
神奈川県在住
はたやんの気まま写真館へようこそ!

時計 house

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
野鳥 (44)
花 (93)
野鳥・蝶 (1)
蝶・トンボ (0)
蝶 (0)
トンボ (0)
果実 (0)
花と蝶 (19)
イベント (0)
景色 (45)
花と果実 (9)
滝 (0)
花トンボ (1)
景色と野鳥 (0)
景色と花 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード