はたやんの気まま写真館

四季折々に気ままに撮った写真

萬城の滝渓谷散策







萬城の滝cc


6月中旬の晴れた日に中伊豆にある「萬城の滝」をはじめ、
萬城渓谷を涼しさ求めて散策しました。


萬城の滝全景

天城の山々から湧き出る清冽な水を集めて四季を通じてその勢いは衰えず
轟々と流れ落ちるこの滝は高さ20m幅6mの名瀑布


以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します

萬城の滝aa   萬城の滝b

 萬城の滝の上流に落ちている滝

小滝:小さいが水量豊富で轟音をひびかせて落ちている
小滝a

カーテン滝:カーテンを広げたように清流が落ちている
カーテン滝

さらに上流には伊豆特産のワサビ畑が広がっている
ワサビ畑 渓流1


○ 渓流遊歩道には可憐な花々が咲いてしばし気分をを和らげてくれました

ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ5

ムラサキサギゴケ2 ムラサキサギゴケ3

コガキウツギ(小額空木)
コガクウツギ5a コガクウツギ3

アオマムシグサ
アオアマムシグサa   アオアマムシグサc


 渓流にはトンボが舞っていました~

 オオカワトンボ
オオカワトンボcb オオカワトンボdb

ミヤマカワトンボ
ミヤマカワトンボbb ミヤマカワトンボcb


 滝壺近くで餌を探すキセキレイ

キセキレイ42

渓流石の上でのキセキレイ 2画像
キセキレイ61 キセキレイ62

渓流沿いでカワガラスを発見!
四季を通じて渓流の上流部に生息していて、岸から水に潜って川底を自由に
歩き回って水生昆虫を捕らえる。短めの尾を上下に振る習性があるそうです。

カワガラス2




スポンサーサイト
  1. 2010/06/27(日) 11:35:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

極楽寺・成就院・明月院の紫陽花








江ノ電a

長谷寺の紫陽花観賞後、小さな江ノ電に乗って極楽寺~近くの成就院
そして鎌倉へ戻りJR北鎌倉で途中下種して
あじさい寺として有名な明月院へも寄ってきました。


 極楽寺山門と紫陽花

 極楽寺山門と紫陽花2


 極楽寺駅・極楽寺に向かう坂道に咲く紫陽花・極楽寺山門

極楽寺駅a 街道の紫陽花もa 極楽寺山門1


 極楽寺近くにある成就院の紫陽花を見に徒歩で向かう

弘法大師さまの由緒ある小さなお寺ですが、紫陽花の時期には
大勢の人々で賑わいます。


成就院2


 石段の両側に咲く紫陽花と鑑賞する沢山の人々

由比ガ浜を望む108段(除夜の鐘と同じ)の両側には
般若心経の文字と同じ262株の紫陽花が咲いていて
これを鑑賞する大勢の方々でいっぱいでした~


画像クリックで拡大表示します

成就院紫陽花2a

成就院紫陽花22a


 境内に咲く紫陽花

成就院紫陽花44

成就院紫陽花5

成就院紫陽花6

★ この寺でもイワタバコの花が見られました
成就院に咲くイワタバコ


記念入場券

帰りに極楽寺駅で購入した入場券です
これがまさに「極楽成就」・・できるかな~お守りです





北鎌倉で下車してあじさい寺として有名な「明月院」へも寄って来ました

名月院紫陽花91


 明月院は境内全域が青色の姫あじさいの花で意識的に埋め尽くされています

以下のサムネイルはクリックで拡大表示します

名月院


名月院紫陽花11a 名月院紫陽花33a


名月院紫陽花44


 境内に咲いていた数多くの姫あじさい

名月院紫陽花5

名月院紫陽花7

名月院紫陽花6 名月院紫陽花71




○ 明月院本堂後庭園に咲く花菖蒲

ハナショウブa3a

ハナショウブc

ハナショウブd ハナショウブe








  1. 2010/06/24(木) 11:14:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:14

鎌倉・長谷寺の紫陽花探訪






長谷寺山門a

6月中旬、晴れた日に紫陽花で有名な鎌倉の長谷寺を探訪しました
あじさいの径の散策路には約40種、2500株以上の紫陽花が
咲き乱れていました。
花によっては時期尚早なのもありましたが、ほぼ満足できるものでした。


 まずは経堂から眺めた紫陽花 3景

屋根から垂れ下がってる宝鐸が印象的でした


以下のサムネイルは画像クリックで拡大表示します

宝鐸と一緒に1a

宝鐸と一緒に2a

宝鐸と一緒に3a


 竹林と一緒の紫陽花は似合いますね

竹林と一緒に1

竹林と一緒に3


 散策路で見られた可愛い置物 2景

可愛い置物と一緒に1 可愛い置物と一緒に2


 高台から眺めた美しい由比ガ浜の海岸、ヨットの青年も

由比ガ浜海岸遠望1 由比ガ浜海岸遠望2


 この寺が命名した紫陽花「かまくら」

かまくら1a かまくら2a


 紫陽花「小町」

小町1

小町22


 紫陽花「清澄沢アジサイ」

清澄沢アジサイ2


 紫陽花「紅額」

紅額2

紅額3


 紫陽花「ブルースカイ」

ブルースカイ1a


 紫陽花「ウズアジサイ」

ウズアジサイ1 ウズアジサイ2


 紫陽花「七段花」(左) 「宵の星」(右)

七段花1 宵の星2


 紫陽花「花まつり」

花まつり1


 紫陽花「浜辺の詩」(左)と「ワルツ」(右)

浜辺の詩2 ワルツ1


 紫陽花「ファンタスティック」(左)とメランコリー(右)

ファンタスティック1a メランコリー2a


 紫陽花「墨田の花火」(左) 「クレナイ」(右)

墨田の花火1 クレナイ2


 紫陽花「フェアリーアイ」

フェアリーアイ2


 その他ガクアジサイやセイヨウアジサイも多数咲いてました

アジサイ2

アジサイ5

アジサイ6

アジサイ1

アジサイ3 アジサイ4

アジサイ7 アジサイ8


★ 境内に咲くイワタバコ

イワタバコ1 イワタバコ2




次回は極楽寺~成就時~明月院の紫陽花探訪です




  1. 2010/06/21(月) 18:43:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:20

この時期の花散策から ④

ら ④

テイカカズラ3b
★ テイカカズラ(定家葛)

木や岩にはい上るつる性の樹木で、普段はそれと気がつかないが
6月になると白い花が咲くのでその存在に気がつく。
先がプロペラのように5つに割れて芳香があります。


テイカカズラ1

テイカカズラ2


★ ヒネム(緋合歓)

マメ科の花で原産地はメキシコ、真っ赤な花が下向いて咲きますね

ヒネム3

ヒネム4


★ ノハナショウブ(野花菖蒲)

栽培種の花菖蒲の原種で、改良された園芸種ハナショウブに比べて
花は地味で葉は細いのが特徴ですね


ノハナショウブ2

ノハナショウブ3


★ ハナショウブ(花菖蒲)

ハナショウブの種類は多いですね~あちらこちらの花園で
沢山咲いているのを見ることが出来ますね。
ノハナショウブに比べて花姿が大きく美しいのが多いです


ハナショウブa

ハナショウブb


★ アヤメ(綾目・文目)

良く似た花にカキツバタ、ノハナショウブ、ヒオウギアヤメなどが有りますが
この花は、外側の花びらに網目模様があるので判別できますね~


アヤメ4

画像クリックで拡大表示します
アヤメ1


★ ムシトリナデシコ(虫取り撫子)

ヨーロッパ原産、最近では道端に自生していますね
茎の上部に粘液を出して、下から上ってきた花を食べる虫を阻止する
賢い花ですね~白花のもあるようです


ムシトリナデシコ1

ムシトリナデシコ2


★ ハナイカダ(花筏)の実

葉っぱの真ん中に花が咲き、これが実になったものです
青くて未熟ですが、熟すと真っ黒くなりますね


ハナイカダ実1

ハナイカダ実4







  1. 2010/06/19(土) 09:56:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16

この時期の花散策から ③

ら ③

フェイジョアha
○ フェイジョア

南米原産の果樹で美しい花の観賞用として最近人気が出ていますね
南熱海の海浜公園では露地植で開花しています。
果実は熟すると落下するのでそれを収穫するそうです。


以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します

フェイジョアja フェイジョアka

フェイジョアl

フェイジョアd

フェイジョア5a フェイジョア6a


○ ドクダミ八重咲き

ご近所の庭に咲いていて、毎年撮影させていただいています
白いのは花ではなく,総苞片とのことです


ドクダミ八重3

ドクダミ八重5 ドクダミ八重7


○ フタリシズカ(二人静)

フタリシズカと言うものの花穂は2本とは限らず、
3本、4本、5本のもあって、あるいは1本しかでないのもありますね~


フタリシズカ5

フタリシズカ4

フタリシズカ3


○ キキョウソウ(桔梗草) 別名:ダンダンギキョウ

北アメリカ原産の草で最近では道端などで野生化してますね
別名にはダンダンギキョウと名付けられているように
茎の途中に花と葉を段々にいくつもつけます


キキョウソウ5

キキョウソウ6


○ アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)

アメリカ大陸原産種で市街地の道端などで野生化している
午後から夕方にかけて開花するので
「夕化粧」艶っぽい名前がついてますね~


アカバナユウゲショウ2

アカバナユウゲショウ4 アカバナユウゲショウ5


○ コマツヨイグサ(小待宵草)

北アメリカ原産の帰化植物で、 関東地方以西の海岸や河原などに多い
茎は地面をはうか斜めに立ち、葉には波形の鋸歯が目立つ


コマツヨイグサ2

コマツヨイグサ1 コマツヨイグサ3







  1. 2010/06/16(水) 19:57:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16

可愛い野鳥探索から ④



ら ④


ホオジロの両親とその子供(幼鳥)の姿を見つめました

伊豆の我が家のすぐ近くで小鳥の鳴き声が止むことなく
続いているのに気がついて、そっとのぞくとホオジロでした。
気ずかれない様に物陰からそ~っとその様子を観察しました


ホオジロ幼鳥2aa

★ ホオジロ親(父):子供への餌を咥えてた

ホオジロ親2ab

★ そばで寄り添う親(母)

ホオジロ親③ab


★ 美味しいご馳走を首を長くして待ってる幼鳥
ツツジの植え込みの中にある巣から顔出して今か今かと待ちわびて・・

ホオジロ幼鳥5ab

ホオジロ幼鳥6ab


★ 待ちきれずに巣を飛び出して・・道路上へ出てしまった幼鳥
野良猫やカラスに襲われるのが怖い!見てた私も心配になった~

どうしたらたらいいかと思案してたが間もなく
自分で飛んで又巣へ戻ったので一安心!


ホオジロ幼鳥1ab

サムネイル画像はクリックで拡大表示します

ホオジロ幼鳥2ab ホオジロ幼鳥3ab


★ 近くでこの様子を心配げに見つめてる両親(左:父、右:母)

ホオジロ両親1ab


★ せっせと餌を子供に運び続ける親鳥の姿

ホオジロ親4ab

ホオジロ親5ab

以下のサムネイル画像はクリックで拡大表示します

ホオジロ親12ab


★ さらに・・続けて子を思う親の気持ちが・・~
もっぱら餌運びは父親のほうが熱心に見えました

ホオジロ親7ab

ホオジロ親8ab

ホオジロ親6ab

残念ながら子供への餌の口移し画像は巣の中だったので撮れませんでした。


お母さんホオジロの出番が少なかったので、
最後に美人お母さんホオジロの飛翔画像をご紹介しておきます。


サムネイル画像はクリックで拡大表示します

ホオジロ親⑪ab







  1. 2010/06/13(日) 10:52:43|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

可愛い野鳥探索から ③



ら ③



今年生まれのカワセミ幼鳥、捕食訓練を見つめました~

100531pp.jpg

親と一緒だと安心なのだが・・・さ~坊や飛び込んでごらん!と言われてもね~

100531bb.jpg


意を決して飛び込んでみたものの・・・
捕食成果は無かったようです、早々に近くの岩へ引き上げです
おっとっと~滑り落ちないようにね、気をつけて~


以下のサムネイルは画像はクリックで拡大表示します

100531ee.jpg

100531ff.jpg

100531gg.jpg

100531hh.jpg



さ~もう一度・・やってみるか~幼鳥カワセミの再挑戦です!

100531ii.jpg

100531jj.jpg

今度は大成功!何かを咥えて戻って来ました~
小さなエビ?かな

100531kk.jpg

自分で捕らえたエビは美味しかったよ~
100531mm.jpg



今度も次々と獲物をゲット!捕食も上手くなってきたようです

100531t.jpg

今回もゲットは小エビみたいですね
100531w.jpg


調子に乗って、またまた狙ってますね~

100531z.jpg


こんなに上手く捕ったのを、おかあさん!見てるかな~

100531z1.jpg


坊や!上手にゲットしたのを見てたわよ~ 高い木の上から

100531z4.jpg





次回は ホオジロの子育てを予定しています






  1. 2010/06/09(水) 10:22:37|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

花散策から ①

ら ①

少し前に撮影した画像ですが、このまま没にするには
花々に申し訳ない気がして・・時期遅れですが見てもらえれば嬉しいです 
(大船フラワーセンターにて)


◎ オオデマリ メリーミルトン

オオデマリといえば白色が一般的ですが、
この花は花色の美しいローズピンクのオオデマリ(園芸品種)です


オオデマリ・メリーミルトン1

オオデマリ・メリーミルトン2


◎ ヒトツバタゴ

最近は公園などに植栽されて来ていて見る機会が多くなっています
別名:ナンジャモンジャとして有名になっています


ヒトツバタゴ2

ヒトツバタゴ3

以下のサムネイルは画像クリックで拡大表示します

ヒトツバタゴ1          ヒトツバタゴ4


◎ クロバナロウバイ

本来は北アメリカに分布してる落葉低木で
日本には大正時代に渡来したものと言われています
暗紫色で香の強い花を開きます


クロバナロウバイ11

クロバナロウバイ12


◎ ハンカチツリー

日本では未だ数少なくて小石川植物園、大船FCで見ることが出来ます
真っ白い総包片がハンカチに見えることからついたようですね


ハンカチノキ5


◎ オオベニウツギ

タニウツギの仲間で、花が濃赤色で美しい花木なので、庭木として人気が有るようです

オオベニウツギ1

オオベニウツギ2


◎ オダマキ

キンポウゲ科、 花の形が機織りの糸巻き(おだまき)に似ているところから名付けられた
園芸品種として数多く改良されて人気が出てますね


オダマキ1

オダマキ2  オダマキ3  オダマキ4





  1. 2010/06/01(火) 19:12:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:26

プロフィール

hhatayan

Author:hhatayan
カワセミ飛翔
神奈川県在住
はたやんの気まま写真館へようこそ!

時計 house

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
野鳥 (44)
花 (93)
野鳥・蝶 (1)
蝶・トンボ (0)
蝶 (0)
トンボ (0)
果実 (0)
花と蝶 (19)
イベント (0)
景色 (45)
花と果実 (9)
滝 (0)
花トンボ (1)
景色と野鳥 (0)
景色と花 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード