はたやんの気まま写真館

四季折々に気ままに撮った写真

まつだ桜まつり

      
便

神奈川県足柄郡上郡松田町にある
松田山の早咲きの桜と菜の花祭りへ行って来ました。

幸いにもこの日は快晴で、満開の桜と真っ白い富士山の
大パノラマは素晴らしく見事なものでした。

又、ここにはハ―ブ園があって、四季を通じて
ハーブの香りが楽しめます。
この時期にはクリスマスローズが開花してました。

園内にある「こどもの館」では、手つくりの雛のつるし飾りが
約5700個が飾られ、西湘地域最大級、約5m(600個)の
雛のつるし飾りは見応え十分でした。


 富士山5景 :  松田山のいろんなところから眺めました
ここから見る富士山は関東の冨士見百景に選定されてます
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


富士山&さくら景色d_1

富士山&さくら景色aa_1

富士山&さくら景色bb_1

富士山&さくら景色c_1

富士山&さくら景色ab_1

  さくらと菜の花のコラボ
菜の花とのコラボa_1

菜の花とのコラボd_1_1

菜の花とのコラボe_1

   満開の早咲きのさくら
早咲きさくら満開a_1

早咲きさくら満開i_1

早咲きさくら満開k_1

早咲きさくら満開q_1

早咲きさくら満開t_1

  メジロ、ヒヨドリが吸蜜に飛来
メジロ飛来a_1_1

メジロ飛来b_1_1

メジロ飛来c_1

ヒヨドリ飛来a_1

  西平畑公園からの眺望
西平畑公園からの眺望a_1

西平畑公園からの眺望b_1

西平畑公園からの眺望c_1
伊豆七島 大島
西平畑公園からの眺望d_1
伊豆七島 利島と新島

西平畑公園からの眺望e_1

 ハーブ館とクリスマスローズ
ハーブ館a_1

クリスマスローズa_1_1

クリスマスローズd_1

 雛の吊るし飾り(こどもの館にて)
雛の吊るし飾りa_1

雛の吊るし飾りc_1

雛の吊るし飾りd_1


まつだ桜祭りの詳細は下記のデジブックから
ご覧頂ければ嬉しいです。





スポンサーサイト
  1. 2017/02/21(火) 19:51:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

神奈川県立四季の森公園散策



昭和63年に開園された公園で里山の自然を
そのまま残した森の中の、
広さ45.3haほどの広大な自然公園です。
水遊びのできる池や水車小屋、炭焼き小屋など
体験学習施設が整っているのが特徴です。

四季折々の自然に出会えることなどから
家族連れなど多くの人が訪れています。


◎ 展望台がど~んと構える芝生広場
展望台_1_1

◎ 散策路
散策路a_1
散策路b_1

◎ 水車小屋 杉皮屋根で東屋になってる
水車小屋_1_1

◎ 炭焼き小屋
炭焼き小屋アニメ画

★ マンサク
マンサクアニメ画像

★ アカバナマンサク
アカバナマンサクアニメ画
★ 紅白梅
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


紅梅a_1   白梅a_1

★ ミツマタ 咲き始め
ミツマタa_1_1   ミツマタb_1

★ 椿の花
椿の花Collage


★ セツブンソウ

セツブンソウアニメ画

★ フクジュソウ
フクジュソウアニメ画

〇 カワウ この日は珍しくカワウが飛来していた
カワウa_1

〇 ハクセキレイ  キセキレイ
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


ハクセキレイc_1   キセキレイf_1

〇 シロハラ
シロハラe_1

〇 シメ  樹上を見上げたらこのシメが・・・
シメ93_2

〇 エナガ 長い尾羽とま~るい目が可愛い
エナガb_3

〇 ルリビタキ 雌
ルリビタキ♀5a_1
  1. 2017/02/15(水) 11:19:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

甘酸っぱい梅花の香りに包まれて



熱海梅園は市街地西側の緩やかな山間に
位置していて、三方を熱函道路などの
主要道路などに囲まれ、4.4haの都市公園です

歴史は古く横浜の豪商茂木惣兵衛が
明治19年(1886年)に2.2ha開いたのが始まりで
120年以上の歴史があります。

園内には梅の木が59種・472本あり、
楠や松、キバナマ、福寿草など四季を通じて
花草木を楽しむことが出来ます。

同梅園内には樹木の他に
梅園橋などの五橋・松尾芭蕉などの句碑・
中山晋平記念館などもあります。


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


 熱海桜との競演
熱海さくらとのコラボ_1
熱海桜へメジロ飛来
熱海さくらとメジロ_1

 梅園橋からの梅園一望
梅園橋からの眺めa_1
梅園橋からの眺め紅白梅b_1

 梅見の滝
梅見の滝b_1
裏見の滝と梅花
梅見の滝c_1

 しだれ梅
しだれ梅c_1

 紅梅
紅梅b_1
メジロ吸蜜
」紅梅にメジロ

 白梅
白梅a
白梅にメジロ飛来
白梅とメジロa

香浮橋と紅白梅
香浮橋と紅白梅_1

 松尾芭蕉句碑
梅の香に のっと日の出る 山路かな

松尾芭蕉の句碑b_1

 八重寒梅
八重寒梅_1

 長束
長束_1

 大盃 2枚のアニメ
大盃アニメ画像

★ 熱海梅園のその他詳細は下記の
デジブックからクリックしてご覧ください




  1. 2017/02/05(日) 16:32:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

可愛い野鳥を探し続けて・・・



この時期、野鳥を探し求めて、横浜にあるいくつかの
自然公園へ行って来ました
「県立 四季の森公園」
「やまと泉の森自然公園」
「舞岡自然公園」です

これらの自然公園は四季折々いろんな花々が咲き
散策するのに私の大好きな自然公園です。
毎年この時期になるとこれらの自然公園では
結構野鳥が見られるのですが
最近はなぜだか種類も数も少なくて
全く見られない日もあったりして、
出会えずにガッカリすることも多いです。

そんな中ごく最近まで
撮りためた可愛い野鳥たちです。


★ ミソサザイ
声量のある美声でさえずる小鳥
体調11cmの日本で最も小さい鳥の一つ

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ミソサザイb_1
ミソサザイd_1

★ ルリビタキ
「幸せの青い鳥」として憧れる人の多い鳥〈オス)
メスは尾だけ わずかに青色

ルリビタキ♂a_1
ルリビタキ♂b_1
ルリビタキ♀c_1
ルリビタキ メス

★ モズ
鋭いくちばしと精悍な目が特徴かな~

モズc_2

★ コサギ
全身が真っ白で美しいサギの仲間
くちばしと足は年中黒い

コサギd_2

★ アオジ
地上で草の実をついばむ
近くまで寄ってきてくれた

アオジf_2
アオジg_2

★ キセキレイ
渓流の石の上で活発に尾を振っている
黄色い鳥でセキレイの仲間

キセキレイd_2

★ カワセミ 枝とまり~飛翔~魚ゲット
カワセミ枝とまりa_1_1
カワセミ飛翔a_1_1
カワセミ飛翔b_1_1
カワセミ魚ゲットa_1

★ コゲラ
ギーッと泣きながら雑木林を飛び回る
小型のキツツキの仲間

コゲラha1

★ タシギ
冬の湿地で長いくちばしを
泥の中に差し込んで採餌する

タシギa_1
タシギb_2
タシギc2

★ ヤマシギ
キジバト大でくちばしは太くて長く、足は短い
草むらの中で遠くにいるこの鳥は
保護色になってるので見つけにくい

ヤマシギa_2
ヤマシギb_1
ヤマシギc_2
ヤマシギd_2
ヤマシギの撮影は
フィールドスコープ+デジタル一眼レフカメラで撮影


★ 冠雪の富士山 撮影日時 2017/01/25
我が家の近くの高台から

冠雪の富士山a_1
冠雪の富士山b_1


  1. 2017/01/28(土) 18:44:11|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

鳥取砂丘 砂の美術館

 
 

繁栄の記憶をとどめる奇蹟の新大陸を求めて
2016.4.16~2017.1.3まで開催
第10期は2017.4.15~2018.1.3まで
砂で世界旅行アメリカ編が開催される


世界初!「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館で
砂像彫刻兼プロデューサーとして国内外で活躍してる
茶園勝彦氏(←本人紹介はこちらから)が総合プロデュースを務め、
毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、
世界最高レベルの砂像を展示している。


砂で世界旅行を基本コンセプトし、毎年テーマを変えて
展示を行い、会期が終われば砂像は元の砂に帰っていきます。
限られた期間しか存在することが出来ない砂像、
その儚くも美しい造形を創り上げる為に、
砂像彫刻家の皆さんは全力で情熱を注ぎ込みます。

永遠に残らないがゆえの美しさが、
砂像のもつ大きな魅力の一つなのです。

出来上がった作品の精巧さや迫力はもちろんのこと、
決まった場所に限られた期間しか存在できない砂像の持つストーリーを
感じながら鑑賞すると、より砂像の魅力を感じて頂けると思います。
(砂の美術館紹介のネットより抜粋)


★ イグアスの滝とインディオ
世界最大の滝イグアスの滝。大量の水が流れ落ち
潤う熱帯雨林には多様な動植物とインディオが共存しています
常に危険が潜むジャングル、人々は知恵をつけ工夫した生活を
営んでいる。


以下の画像はすべて 画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


イグアスの滝とインディオ_3_1

★ アマゾンの動物たち
世界最大の熱帯雨林アマゾン。木を登り泳ぐこともできる
ジャガーは食物連鎖の頂点に君臨し茂みを自由に闊歩してます

アマゾンの動物たちa_1

★ イパネマ海岸
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロには世界屈指の
美しい海岸が並んでいます、この海岸の先には
美しいドイス・イルモンス(双子兄弟の山)がそびえてます

イパネマ海岸_1

★ エンジェルの滝とコヒー農園
作品ではベネズエラのエンジェルフォールを背景に
手前のコーヒー農園の様子を配置することによって
コーヒ―栽培の様子を表現してます。

エンジェルの滝とコーヒー農園_1

★ ブラジルの現代建築
ブラジル未開の地に新しい首都ブラジリアが建設され
国会議事堂やブラジリア大聖堂など曲線と幾何学模様
を用いたデザインが特徴です。

ブラジルの現代建築_1

★ リオのカーニバル
華やかで迫力あふれるリオのカーニバルは
陽気で情熱的なブラジルの国民性が作り上げたもの

リオのカーニバル_1

★ コルコバードのキリスト像
ポルトガルの植民地としての歴史を歩んだブラジルは
1822年独立し、その後独立100周年記念に建てられたキリスト像
今日もコルバードの丘からリオの街を見守っています。

コルコバードのキリスト像アニメ画
2枚のアニメ画像になってます

★ 空中都市マチュピチュ
その姿は山の麓からは確認できませんが
空中からは見えることから空中都市と称されている。
1983年世界遺産に登録された。

空中都市マチュピチュ_1

★ モノリート~遺跡に立つ石の神像~
この1枚の岩から作られた神像は世界遺産
ティワナク遺跡に存在します
人間のような絵やネコ科の動物、蛇、コンドル
などの神秘的な図像が彫られています

モノリート 遺跡に立つ石の神像_1

★ ガラパゴスの動物たち
ガラパゴスはスペイン語でゾウガメを意味してます
ゾウガメやイグアナはほぼすべてが固有種で
グンカンドリ、カツオドリを含む鳥類は半数以上が
この地にしかいない貴重種とされている

ガラパゴスの動物たち_1

★ インカ帝国
1200年ごろにケチュア族の中の小さな部族
として始まったインカは次々と周辺諸国を
支配し、15世紀後半には現在のペルー、ボリビア
エクアドル、チリにまで範囲を広げた
最盛期には80の民族と1600万人の
大帝国になったとされています。

インカ帝国_1

★ チチカカ湖と民族
ペルーとボリビアの国境をまたがる南米最大の
湖チチカカ湖、アンデス山脈のほぼ中央
船が行きかう湖の中では世界最高所です。

チチカカ湖と民族_1

★ インカ道とアンデスの自然
総延長は4万km以上もありクスコを起点として
広大な国土全体に張り巡らされました。
この交通網によって命令や情報を国の隅々にまで
いきわたらせることが出来、物資輸送ルートの役割
とあわせて帝国の発展に大いに役立った。

インカ道とアンデスの自然_1

★ クスコの街並み
標高3400mの高地にあるインカ帝国の首都
天空都市として知られるマチュピチュよりもさらに
1000mほど高い場所にあります
インカ時代に積み上げられた精巧な石垣、
それらは当時の面影を今に伝えています。

クスコの街並みb_1

★ 伝説の黄金卿エルドラド
「南の海の向こうには黄金の国があるらしい」
多くの探検家をひきつけたこの噂は16世紀
ごろまで存在した秘密の儀式に由来している

伝説の黄金卿エルドラド_1


  1. 2017/01/20(金) 16:42:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

愉快な羅漢さんとその仲間達



川崎市麻生区にある浄土宗寺院:浄慶寺へ参拝してきました

浄土宗寺院の浄慶寺は、瀧澤山春林院と号し
上麻生村の地頭法名壽光院清譽浄慶居士
(元和元年1615年卒)が開基となり、
證蓮社誠譽順阿長應(元和元年寂)が開山したといいます。
秋葉祠は本堂に向かって右の丘上にあります。

この境内には、たくさんの「羅漢像」が置かれており、
それぞれ好きな遊びに興じたり、酒を酌み交わしたり、
楽器を奏でたり、驚いたことにパソコンを操作している
新時代の頭脳派もいたり・・・なんとも楽しそうな様子にさそわれて、
ついつい笑みがこぼれてしまう…そんな空間が創出されていました。

ここはまた、「あじさい寺」という愛称で
地元の人々に親しまれている麻生区の紫陽花の名所でもあり
ガクアジサイ・ヤマアジサイ・西洋アジサイの花々が、
参道、境内、裏山へと広がり群生している様は圧巻との評判


以下の画像はすべて、画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


浄慶寺参道 と 境内案内図
浄慶寺a_1   浄慶寺b_1

浄慶寺本堂 と 秋葉権現
浄慶寺c_1   浄慶寺秋葉権現_1

★ 境内で迎えてくれた愉快でユニークな羅漢さんたち

腕相撲_1
 のこった~のこった~ 力はいるね、 腕相撲

尺八特訓中_1
 尺八猛特訓中

ひそひそ話_1
 ひそひそ話?

パソコンに熱中_1
 パソコン操作に夢中

心静かにお抹茶を_1
 心静かにお抹茶を味わう

ウオークマン持ってる_1
 な なんと~ウオークマン 何聞いてるのかな?

携帯電話使ってるb_1
 携帯電話使用中

うまいお酒だよ_1_1
 美味しい~銘酒にこの笑顔!

愉快で 楽しくて 思わず笑ってしまう・・・羅漢さんの仲間達
合計30体は下記のデジブックからご覧ください。
皆さんの一番のお気に入りをお知らせくだされば嬉しいです。





  1. 2017/01/08(日) 12:12:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年も引き続きよろしくお願いいたします。


2017年ブログ用年賀

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊豆の我が家では健気に蘭などの花が咲き
ポンカンなどの果実が嬉しいことに豊作でした。


〇 ポンカン果実  大きくてとっても甘い味のポンカンでした

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


ポンカンf_1_1

ポンカンh_1

〇 キンカン(種無し)果実  結構大粒の果実が出来てます 
そのまま木で熟させています

キンカン1_1

キンカン2_1

〇 ハナユズ果実  大豊作で嬉しい悲鳴です
ハナユズa_1

ハナユズb_1

● 蘭 シンビジュウム 我が家に来て20数年になりますが
いまだに元気に花開いてくれてます

シンビジュウム4_1

シンビジュウム5_1

シンビジュウム6_2_1

シンビジュウム7_1

● 蘭 ジゴペタラムマッケイ  部屋中一面に香りを漂わせてます
ジゴペタラムマッケイ1_1

ジゴペタラムマッケイ3_1

● 胡蝶の舞(カランコエ・ラクシフロラ) 
露地植えですが花が咲き真っ赤に紅葉してます

胡蝶の舞aa_1_1

胡蝶の舞bb_1_1

● サザンカの花
サザンカd_1

サザンカe_1

● 椿 太神楽  大輪の花がたくさん咲いてます
椿 太神楽a_1_1

椿太神楽3_1_1

● アロエの花
アロエアニメ画像
2枚のアニメ画像になってます  
画像へマウスオン openでクリック 再度closeでクリック元に戻る





  1. 2017/01/01(日) 00:01:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

日本一の庭園 足立美術館

 

島根県安来市にある足立美術館を訪ねてきました~
玄関に一歩足を踏み入れると、眼の前には枯山水の
大庭園と借景の山々が織りなす
深遠な調和美の世界が広がってました。
「庭園もまた一幅の絵画である」・・
創設者足立全康が名画の感銘を深めるよすがとして
理想の世界を思い描き、一本、一草に至るまで
全精魂を傾注した5万坪の日本庭園
枯山水庭・白砂青松庭・苔庭・池庭・・・・と
歩を進めるたびに、胸をひたす閑雅な風情は
四季折々趣を変え、次に続く名画との出会いに
はやる気持ちを添えることになります。(GUIDE BOOK抜粋)

この日本庭園は米国の日本庭園専門誌
「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園
ランキングで13年連続日本一(2003年~2015年)に
選ばれていて海外でも高い評価を得ている。
又フランスの旅行ガイド誌
「ミュシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にても
三ツ星(最高評価)を獲得している。


以下の画像はすべて 画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


13年連続庭園日本一b_1

★ 名園 概要 ★ 
◎ 歓迎の庭
足立美術館で最初に出迎えてくれる庭で
花鳥風月を愛で自然の四季を大切にしてきた
日本人の心を優しく受け止めてくれる

歓迎の庭a_1_1
案内する 足立翁銅像

歓迎の庭c_1

◎ 苔 庭
苔を主体とした京風の素敵な庭園
苔庭c_1

◎ 枯山水庭
自然との調和の美しい庭で、
中央の立石は険しい山々をイメージしてる

枯山水庭b_2_1

◎ 生の額絵
館内の窓がそのまま額縁に
まるで琳派の屏風を思わせるように・・・

生の額絵e2_1

生の額絵a_1

◎ 生の掛軸
床の間の絵をくりぬいて、あたかも一幅の山水画が
掛かってるかのように見える、足立美術館の名物の一つ


生の掛け軸a_1のコピー

◎ 生の衝立
和室の奥に見えるのが壁をくりぬいた「生の衝立」
生の衝立a_1のコピー

◎ 池 庭
周囲との調和を考え新しい感覚と伝統的手法を
用いて造られた庭園

池庭_1

◎ 白砂青松庭園
横山大観の名作「白砂青松」を
イメージして造られた庭園

白砂青松庭合成画ab
2枚の合成画像

◎ 茶室「寿立(じゅりゅう)庵庭園
京都 桂離宮にある「松琴亭」の意匠を写して
建てられた茶室で、庭園の名残の紅葉が美しかった

茶室壽立庵の紅葉a_1

茶室壽立庵の紅葉c_1

★ 名画の時間・陶芸の時間 概要 ★
じっくりと庭園を鑑賞した後は名画鑑賞の時間です。

横山大観・竹内栖鳳・川合玉堂・富岡鉄斎
榊原紫峰・上村松園・伊東深水・平山郁夫・などなど
近代日本画壇の巨匠たちの作品約1500点を収蔵し、
特に120点を超える横山大観のコレクションは超有名です
(横山大観絵画専用の展示室あり)

陶芸館では特に、安来が生んだ陶芸家「河井寛次郎」
(200点の専用展示室あり)や
稀代の料理人で陶芸家として知られてる
「北大路魯山人」の作品250点(専用展示室あり)もの展示は
格別素晴らしかったです。


足立美術館の庭園の詳細は
下記のデジブックからクリックしてご覧ください








  1. 2016/12/25(日) 14:54:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

北鎌倉明月院・東慶寺の紅葉



所属の写真クラブの仲間たちと北鎌倉円覚寺の
紅葉撮影会を終えて、午後からは同じ北鎌倉にある
「明月院」と「東慶寺」へも紅葉を見に行って来ました。


 明月院の紅葉 

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


 山門と紅葉
山門a_1

 茶所月笑軒と庭園紅葉
茶所月笑軒と紅葉アンメ画
2枚のアニメ画像になってます
月笑軒前にて落ち葉a_1

 桂橋と紅葉
桂橋からの紅葉眺めa_1

 枯山水庭園(本堂前に広がる)
枯山水庭園a_1
枯山水カエルアニメ画像
2枚のアニメ画像になってます

 本堂丸窓(悟りの窓)
本堂丸窓から見た裏庭a_1

 明月院 境内にて
境内にてa_1
境内にてc_1


 東慶寺の紅葉 

 山門と紅葉

山門と紅葉アニメ画
2枚のアニメ画像になってます

 鐘楼と紅葉
鐘楼と紅葉a_1

 本堂と紅葉
本堂と紅葉a_1
本堂と紅葉b_1
本堂と紅葉c_1

 書院前にて 花はヒメツルソバ
書院前にてa_1のコピー

 境内にて
境内にてa_1_1
境内にてc_1_1

 ビナンカズラ
ビナンカズラa_1

 十月桜
十月桜a_1

北鎌倉 明月院 東慶寺の紅葉 詳細は
下記のデジブックからご覧ください。


  1. 2016/12/17(土) 17:38:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

 

北鎌倉の円覚寺の紅葉を見に、
快晴のある日に出かけてきました~


所属している写真クラブの撮影会で
北鎌倉にある「円覚寺」紅葉撮影会へ
仲間と一緒に行って来ました。
素晴らしい天候の下、
見事な境内の紅葉を見て撮影してきました。
人出も多くそれだけに、紅葉の見事さが際立っていました。

それでは・・私と一緒に
素晴らしき紅葉を見に出かけることにしましょう!


  円覚寺境内配置図 
地図上の「総門」の位置から順番に進んで見ていきます 


以下の画像はすべて、画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

円覚寺境内配置図_1_1

 「総門前の紅葉」 
いきなりの見事な紅葉に多くの方々が目を見張ります

総門前の紅葉a_1
総門前の紅葉b_1
総門前の紅葉c_1
総門前の紅葉d_1

 「桂昌庵」と紅葉
桂昌庵と紅葉a_1

 「選仏場と紅葉」 元の座禅道場で1699年に建立された
選仏場と紅葉b_1のコピー

 居士林」と紅葉 選仏場のすぐ隣にあって、
禅を志す在家のための座禅道場

居士林と紅葉a_1
居士林と紅葉b_1

 「仏殿(居士林のすぐ目の前にある)」と紅葉
仏殿と紅葉a_1
仏殿と紅葉b_1

 「三門」と紅葉
山門と紅葉a_1
山門と紅葉b_1
山門脇のイチョウ_1
三門脇の大イチョウ

 「方丈」庭園と紅葉
本来は住職の居間ですが、多くの宗教行事が行われる

方丈庭園と紅葉a_1
方丈庭園前の紅葉b_1
方丈庭園前の紅葉

 寿徳庵前の紅葉
壽徳庵前の紅葉a_1
壽徳庵入口の山茶花と紅葉b_1
寿徳庵入り口近くのサザンカと紅葉

 さらに歩を進めていくと
左側に「妙香池(みょうこうち)」が見えてくる
妙香池を取り巻く紅葉

妙香池と紅葉a_1_1
妙香池と紅葉b_1
妙香池と紅葉c_1
妙香池と紅葉d_1

 国宝「舎利殿」前の紅葉
源実朝が宋の能仁寺から請来した仏牙舎利を奉安する堂宇で
「唐様式」を代表し最も美しい建造物として国宝に指定されている

舎利殿と紅葉a_1
舎利殿と紅葉b_1
舎利殿と紅葉c_1

 「仏日庵」と紅葉
佛日庵と紅葉a_1
佛日庵と紅葉b_1

 国宝「梵鐘」と展望台からの眺め
1301年北条貞時が国家安泰を祈って
鋳造したもので鎌倉一の大鐘で国宝指定

国宝・梵鐘2リサイズ画
冠雪の富士山2リサイズ画
辨天堂見晴らし台から眺めた冠雪の富士山

丹沢の山なみリサイズ画
同じく見晴らし台から眺めた 丹沢の山並み


  1. 2016/12/11(日) 09:58:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

箱根 長安寺の紅葉と五百羅漢

 

箱根町仙石原にある曹洞宗「長安寺(ちょうあんじ)」は創建1356年と
かなり昔で自然に囲まれた静かな佇まいのお寺です

秋の紅葉時、境内や取り囲む山々のモミジの赤や黄色の美しいコントラストは
目を見張るほどに素晴らしくて、多くの参拝客でにぎわっていました。

また、このお寺は五百羅漢で有名で東国花の百寺にも指定されています
境内に点在するユニークなお姿の五百羅漢はまさに圧巻です


目を見張る美しい紅葉の数々 
以下の画像は画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


 仙石原へ向かう途中の乙女峠から眺めた冠雪の富士山
富士山a_1_1

長安寺紅葉bb_1のコピー

長安寺紅葉cc_1

長安寺紅葉i_1

長安寺紅葉k_1

長安寺紅葉m_1

長安寺紅葉o3_1


☆☆ 表情豊かな五百羅漢 ☆☆

長安寺の裏山に集う五百羅漢、喜怒哀楽の表情をうかべた
実に人間味あふれるお姿で迎えてくれました~
これらの羅漢さんは昭和60年より建立がはじまり
今も建て続けられているそうです

★五百羅漢とは仏道修行をして「阿羅漢」という人間として
最高の位を得たお釈迦様の弟子を500人集めたものだそうです


長安寺五百羅漢h_1

長安寺五百羅漢j_1

長安寺五百羅漢p_1

長安寺五百羅漢g_1

長安寺五百羅漢u_1

長安寺五百羅漢v_1

その他長安寺の紅葉と五百羅漢の詳細については
下記のデジブックから、クリックしてご覧ください。



  1. 2016/12/03(土) 16:57:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

八ケ岳中信高原国定公園ドライヴ



11月中旬、快晴のある日に信州、八ケ岳中信高原国定公園へ
紅葉景色を求めて、車で出かけましたが、
どこも、ほとんど終わりに近くて、人の混雑も見られなく
静かに晩秋の景色を楽しんできました。


以下の画像・・・画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


ロードマップ
八ケ岳中信高原国定公園地図c_1

沿
人影もほとんどなくて静かなたたずまいを見せる晩秋の蓼科湖晩秋の蓼科湖e_1

晩秋の蓼科湖a_1


晩秋の蓼科湖c_1

晩秋の蓼科湖g_1

晩秋の蓼科湖合成画像a
3枚の合成画像(右端は八ケ岳連峰)

晩秋の蓼科湖h_1
湖畔の民家の軒下に・・吊るし柿が

沿

メルヘン街道白樺a_1

メルヘン街道白樺b_1
横谷峡近くの白樺林

横谷峡入口紅葉a_1
横谷峡入口の紅葉

横谷峡入口紅葉b_1


乙女滝b_1
乙女滝:噴き出すように30m下の岩盤を直撃する。
滝下に回り込むと真っ白な水のかたまりが幅10mほどに広がり乱舞しながら落下


沿鹿
御射鹿池(みしゃかいけ)
東山 魁夷.画伯の白馬が駆けた 『緑響く』のモデルとなった場所
シャープ薄型液晶テレビAQUOSのCMに採用されたのは有名


晩秋の御射鹿池a_1_1

晩秋の御射鹿池c_1

晩秋の御射鹿池e_1

晩秋の御射鹿池g_2_1

晩秋の御射鹿池h


湯の道街道白樺a_1
湯みち街道沿いの白樺林

参考(ネットより): 東山魁夷画伯作 「緑響く」東山魁夷の「緑響く」


沿
茅野市 エコーライン側の大泉山 農道から眺めた
北八ケ岳・南八ケ岳連峰の眺望


北南八ケ岳の眺望合成画像a

北・南八ケ岳の眺望合成画像p
北・南八ケ岳連峰 6枚の画像を合成した画像
この日はすべての山がくっきり見えてました
左端は北八ケ岳・蓼科山(2531m)~~南八ケ岳端まで

  1. 2016/11/25(金) 12:15:24|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

富士吉田市のもみじ祭り

 


 富士山の麓、富士吉田市で開催されている
メイン会場「ふじさんミュージアム」の敷地内
180mのもみじ回廊に約60本のいろはもみじが
植えられていて、雪化粧のはじまった富士山と
紅く色ついた紅葉のコラボが素晴らしかったです。


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


富士吉田紅葉e_1

富士吉田紅葉h_1

富士吉田紅葉k_1

富士吉田紅葉L_1

富士吉田紅葉p_1

 旧宮下家住宅
旧宮下家住宅3枚アニメ画

旧宮下家住宅g_1

 旧武蔵家住宅
画旧武蔵家2枚アニメ

旧武蔵家住宅g_1

 もみじ回廊のライトアップ 
もみじ祭り期間中はライトアップもされていて
より一層幻想的で神秘的な世界へと誘ってくれていました


富士吉田ライトc_1

富士吉田ライトf_1

富士吉田ライトi_1

富士吉田ライトj_1

富士吉田ライトo_1

富士吉田市のもみじ祭りの詳細は
下記のデジブックにまとめました
クリックして大きな画像でご覧ください。






  1. 2016/11/19(土) 19:27:49|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

山中湖夕焼けの渚 紅葉まつり

 


先日、横浜の我が家のベランダから冠雪の富士山が
くっきり見えていたので撮りたくて、早速車で出かけました。
向かってる東名高速道からはきれいに見えていましたが、
現地についてみると雲に覆われていて
その姿は全く見られませんでした。
止む無く様子を見ようと思って、少し早かったですが
ランチを済ませて待つことにしました。
山中湖に来たときはいつも、美味しいほうとう(餺飥)のお店
又はリーズナブルで美味しいイタリアンの店に行くのが常でした。
今回はイタリアンの店でその名は「フォルテ・レガーメ」
妻と二人で注文したのは
本日のおすすめの「合鴨のシーザーサラダ」
本日おすすめの「フレッシュトマトのマルゲリータ」、
珍しい「ほうとうパスタ」で
(しめじとベーコンのカボチャクリーム)で美味しかったです。

以下の画像はすべて画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


フォルテ・レガーメa_2_1  フォルテ・レガーメb_1  フォルテ・レガーメc_1
  お店の外観    フォルテ・レガーメ  店内からの山中湖

フォルテ・レガーメd_1  フォルテ・レガーメe_1  フォルテ・レガーメf_1

ランチを済ませた後も富士山は見られなかったので
近くで開催中の「紅葉まつり」を見に行きました。
紅葉には少し早かったようですが、一部分は
真っ赤に紅葉していて素晴らしかったです。

 山中湖夕焼けの渚:紅葉まつり 
山中湖の絶景スポット「夕焼けの渚」を含む
旭日丘地区湖畔緑地公園で開催していて
公園内には遊歩道やベンチなども整備され、
ゆっくりと散策できる。
山中湖・紅葉まつりa_1

山中湖・紅葉まつりc_1

山中湖・紅葉まつりd_1

山中湖・紅葉まつりh_1
恋人橋の紅葉

山中湖・紅葉まつりp_1

山中湖・紅葉まつりv_1

山中湖・紅葉まつりf_1

山中湖・紅葉まつりL_1

山中湖・紅葉まつりn_1

山中湖・紅葉まつりo_1

山中湖・紅葉まつりw_1

山中湖・紅葉まつりx_1
山中湖の眺望

ここは早々に引き上げて 
何年か前にも見に行ったライトアップもきれいな
隣市にある「富士吉田市のもみじ祭り」を見に行って来ました。
その模様は次回にUPさせていただきます。



  1. 2016/11/11(金) 17:12:54|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

箱根湿生花園探訪

湿

箱根湿生花園とは
箱根観光のメッカである仙石原温泉の中心付近に位置し
湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を
中心にした植物園です。
園内には低地から高山まで、日本の各地に点在している
湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物 1100種が
集められ、その他、珍しい外国の山草も含め、
約1700種の植物が四季折々に花を咲かせて います。
園路は低地から高山へ初期の湿原から発達した湿原へと
順に植物を見てまわるようになっています。 (同園のHPより)
 

10月初旬、花々や木々の実など探訪で出かけました
この時期なので花などはあまり期待はしてませんでしたが
結構花も咲いていて、木々の実ともども楽しませてくれました。


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


★ 仙石原のススキ群生 銀色に輝いてましたススキ群生_1

★ ノムラカエデ紅葉
ノムラカエデ紅葉_1_1

★ ツリバナの実
ツリバナの実a_1

★ サクラタデ
サクラタデa_1

★ エンシュウハグマ
エンシュウハグマa_1

★ ミカエリソウ
ミカエリソウ_1

★ イヌウメモドキの実
イヌウメモドキ実b_1

★ キジョウロウホトトギス
キイジョウロウホトトギス1_1

★ ヤマラッキョウ ウラナミシジミ蝶・セセリチョウ2頭
2枚のアニメ画像です
ヤマラッキョウ2枚アニメ画2

★ ガマズミの実・キミノガマズミの実・フウリンガマズミの実
3枚のアニメ画像です
ガマズミの実3種アニメ画2

箱根湿生花園 探訪の詳細は下記の
デジブックからご覧ください。





  1. 2016/11/06(日) 10:10:19|
  2. 花と果実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ひたち海浜公園のコキア




国営ひたち海浜公園の見晴らしの丘に咲く
コキア・コスモス・ソバの花の
揃い踏みを見てきました、
以前、同じくこの丘に咲くネモフィラの群生は
見てましたが
コキアは初めてで、この日は天候も良く
見頃を迎えていて、35000㎡の敷地に咲く
32000株のコキア、その可愛らしさ
美しさに感動しました。
コスモスも又一面に満開に咲くさまは見事なものでした。


◎ コキア(別名 ホウキグサ) ユニークな形をした植物で
鮮やかな赤色が綺麗、実は畑のキャビアといわれ
「トンブリ」として利用され、
紅葉が終わり枯れた後は「ほうき」として加工利用されている。


下記画像はすべてクリックで拡大表示されます、さらにクリックでもとに戻ります
コキアa_5_1

コキアf_1

コキアi_1

◎ コスモスとの競演
コスモスと競演L合成画a
パノラマ合成画像

コスモスと競演e_1
広角レンズ10mm使用画像

コスモスと競演k_1

コスモスと競演t_1

コスモスと競演d_1

◎ 満開のコスモス
コスモスa_1

コスモスf_1

コスモスi_1

コスモスj_1

◎ ソバの花との競演
ソバの花b_1
古民家・ソバ・コスモス

ソバの花e_1

ソバの花f_1
ハギ・ソバ・コスモス・コキア揃い踏み

ひたち海浜公園のコキア
コスモス・ソバの花との競演詳細は
下記のデジブックからご覧ください。



  1. 2016/11/01(火) 20:57:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:11

東京駅舎&イルミ&お知らせ







☆ 復元された東京駅舎 全景

丸の内玄関口、東京駅の復元工事が完成して

67年ぶりに創建当時の姿がよみがえりました~

先日撮影に行って来ました、ライトアップの様子も合わせてUPいたします。


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

東京駅f_1_1a

ライトアップされた東京駅全景

東京駅g_3_1a


☆ 高層ビルの間から眺められた夕映えの富士山

東京駅前の新丸ビルのテラスからはビルとビルの間から
ご覧のような、夕映えの美しい富士山が眺められました





☆ 丸の内の街・きらめく約100万球のエコイルミ

有楽町と大手町を結ぶ約1.2kmに及ぶ丸の内仲通り沿いの街路樹約230本が、
上品に輝く丸の内オリジナルカラー“シャンパンゴールド” 色の
LED約100万球に照らされ、鮮やかに浮かび上がっていました


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

丸の内イルミa_1

丸の内イルミd_1


☆ カレッタ汐留の3D(立体)イルミショウー

東京新橋にあるカレッタ汐留の立体に見える3Dイルミネーションを見てきました。
建物壁面全体が広場にある光のツリーの背景に、美しい3Dアニメーションで
夢のような物語を音と映像の世界でダイナミックに展開されていて感激でした。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・ お知らせ ・・・・・

突然ではありますが
今般、いろいろな事情によりしばらくの間
このブログを休止させていただきます。

これまで沢山の方々に見ていただいて
暖かいコメントやご指導も賜り、有りがたく厚くお礼を申し上げます。

又いつの日か再開できる日が来ましたら、
どうぞ宜しくお願いいたします。

はたやん






  1. 2012/12/19(水) 19:13:10|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0

芦ノ湖遊覧 箱根ホテル庭園からの眺め









箱根山の紅葉撮影会からの最終回で  
今回は④ 芦ノ湖「海賊船」で遊覧 箱根ホテル庭園からの眺めです


撮影会2日目、箱根美術館庭園の撮影を午前中に終えて
再び早雲山から箱根ロープウエイに乗って芦ノ湖の湖尻桃源台へ向かう





この日も快晴が続いていて、乗ったロープウエイからは
富士山が昨日にもまして綺麗に見えていたので、
大涌谷駅で途中下車して、展望台から再度撮影する

マウスオン・アウトで画像が入れ替わります


桃源台港から遊覧船「海賊船」(バーサ号)に乗船して箱根港までの
約30分をデッキで風に吹かれながら
湖上から周りの山々の紅葉を楽しみました~


この『バーサ号』は17世紀前半『北欧の獅子』と呼ばれ
北欧に威をふるったスウェーデン国王グスタフ・アドルフが建造した
バーサ号(初代スウェーデン国王)をモデルとした
豪華な彫刻に飾られた船で、308総トン、定員は650名だそうです




画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

芦ノ湖遊覧d3_1 芦ノ湖遊覧d2_1 芦ノ湖遊覧d1_2_1

☆ 海賊船:バーサ号から眺めた景色いろいろ

別の海賊船:ロワイヤル号とすれ違う


周りの紅葉が素晴らしい!



箱根駒ヶ岳(ロープウエイ)の紅葉も見事ですね~


小田急山の上ホテルの眺望






湖上に立つ朱色の「平和の鳥居」掲げられた扁額には
「平和」の文字が・・・吉田 茂元首相の直筆だそうです

マウスオン・アウトで2枚の画像が入れ替わります


桃源台から乗ってきた海賊船:バーサ号、
箱根港桟橋へ到着する、冠雪の富士山も出迎えててくれました





湖畔にある箱根駅伝栄光の碑
「若き力を讃えて」の裏側に は歴代優勝校の名前が刻まれています

平成25年(2013年) 第89回箱根駅伝の出場校が決定してますが
はてさて優勝校はどこになるでしょうかね~




☆ 箱根ホテルにて昼食を済ませて
美しくて大きな庭園に出る・・・そこから眺めた景色






箱根港を桃源台へ向けて出港していく海賊船:ロワイヤル号


箱根ホテルの庭園からこの美しい景色にしばしうっとりの私でした~
以下の2画像は大きな画像で見てください
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

芦ノ湖遊覧z2_2_1

芦ノ湖遊覧y_1_1





以上これまで4回に分けてUPしてきました
写真クラブ主催の箱根山紅葉撮影会の模様を終わります。
長い間見てくださって有難うございました。










  1. 2012/12/10(月) 17:44:09|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:41

箱根美術館庭園から苔と紅葉








前回に続いて・・・箱根山の撮影会から
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館

箱根美術館のオープン時間(9:30)に間に合うように宿泊したホテルを早朝に出発
強羅から登山ケーブルカーに乗り換えて公園上駅を下車すぐに有ります

美術館に着いた時にはすでに開門を待つ人がいっぱい列をなして並んでいて
この美術館の人気ぶりがうかがえます

昭和27年に設立されていて、縄文時代から江戸時代にかけての
日本古来陶磁器約150点が展示されています。


庭園には苔庭や竹庭が四季折々の美しさを見せてくれています
なかでも、約170本のモミジの見事さは圧巻です!
この日は快晴で射し込む晩秋の朝陽に映えて
「苔と紅葉コラボ」が何とも素晴らしく目を見張る美しさでした~




☆ 強羅駅からケーブルカーで公園上駅へ向かう
途中の紅葉も綺麗でした~

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

箱根美術館紅葉e_1   箱根美術館紅葉f_1

★☆ 苔 庭から ☆★

☆ 美術館庭園に入ってすぐの橋を渡ると、
そこはもう美しい苔庭園が広がっていました~





☆ 美しい苔庭と紅葉のコラボを大画像でご覧ください
広がりを強調するため(ワイドレンズ10mm)で撮影しています)


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


箱根美術館苔wb_1_1

箱根美術館苔wc_2_1

箱根美術館苔we_2_1


苔庭園と紅葉画像

画像の上でクリックして見てください、
 シャッター音と同時に画像が入れ替わります(5枚) 

<<
<<<
苔庭園 11/5



★☆ 日光殿前庭・石楽園付近での鮮やかもみじ紅葉 ★☆

以下のもみじ紅葉画像はすべて
ワイドズームレンズ(10-22mm)使用で撮影しています


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


いずれも大画像でご覧ください
箱根美術館紅葉b_1_2

箱根美術館紅葉c_2

箱根美術館紅葉d_1

青空のもと、目にも鮮やかな紅葉に感激の連続でした~










画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る


箱根美術館紅葉z_1  箱根美術館紅葉z1_1

池に映る紅葉と右は竜頭の滝付近の紅葉
箱根美術館紅葉rr_1_1  箱根美術館紅葉t_1

箱根美術館紅葉z4_1  箱根美術館紅葉z2_1





次回は ④ 芦ノ湖「海賊船」で遊覧 箱根ホテル庭園からの眺めに続きます





  1. 2012/12/04(火) 08:54:43|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

箱根大涌谷へ








前回に続いて写真クラブの箱根山撮影会から

② 噴煙吹き上げる箱根大涌谷
・・・ 神奈川景勝50選の一つ ・・・

前回①の箱根強羅公園を後にして、
周りの紅葉を眺めながら箱根登山ケーブルカーで早雲山駅へ



早雲山駅から箱根ロープウエイに乗って大涌谷駅へ
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷1_1 大涌谷2_1 大涌谷41_1

ロープウエイからの眼下の紅葉景色、噴煙上がる大涌谷


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷8_1  大涌谷7_1

大涌谷の景観


大涌谷の合成パノラマ画像


 大涌谷自然研究路沿いのススキ&紅葉








 大涌谷から眺めた紅葉と霊峰富士山

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷富士山a_2_1

大涌谷富士山b_7_1


玉子茶屋の横にある温泉池では、毎日「蒸し方」と呼ばれる人が、黒たまごをつくり続け・・・
「7年寿命が延びる」と言われている有名な熱々黒たまごを私も食べました~

画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

大涌谷h_1  大涌谷m_1

大涌谷j_1  大涌谷k_1

出来上がった「黒たまご」は専用ケーブルで下の販売店へ送られる


お土産用の手作り温泉卵「温玉」が人気
殻は黒くて、ゼリーのような白身となめらかな黄身はまるでケーキのよう






次回は同じく箱根山撮影会から
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館からです



 



  1. 2012/11/28(水) 19:02:18|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

箱根 強羅公園の紅葉



 



先日、所属する写真クラブの連中たち(11名)と
1泊で紅葉真っ盛りの箱根山へ
撮影旅行に出かけてきました。
箱根へはよく車では行ってましたが
今回は公共交通機関を利用しての撮影旅行でした。

箱根登山鉄道、箱根登山ケーブルカーさらには箱根ロープウエイ
にも乗車して仲間たちと和気あいあいの撮影旅行になりました。

行先は皆さん良くご存じのお馴染みの


① 大噴水と紅葉が美しいフランス式庭園箱根強羅公園
② 白煙を吹き上げる箱根大涌谷(神奈川の景勝50選)
③ 苔と真っ赤な紅葉コラボが美しい庭園の箱根美術館
④ 芦ノ湖「海賊船」で遊覧 箱根ホテル庭園からの眺め


以上4つのパートに区分して撮影結果を順次UP致します。

① 大噴水と紅葉が美しいフランス式庭園箱根強羅公園


この箱根強羅公園は日本初のフランス式整型庭園として有名で
ツツジや桜がきれいですが、この時期の紅葉もとても美しかったです


公園のシンボル大噴水と紅葉



スローシャッター(SS 1/4秒:絞り29:ISO 100:補正+1/3)で撮影



噴水と紅葉を眺めながら素敵なカフエで飲んだコーヒーは特別美味しかったです





  ローズガーデン近くの紅葉
秋バラと紅葉のコラボを期待していましたが、
バラの開花は終わりに近くて殆ど見られず紅葉は美しかったです








石垣に絡まっていた真っ赤に紅葉した蔦



 茶苑 白雲洞近くの紅葉










 斉藤 茂吉氏の歌碑

箱根の山を愛し続けて約30年の長きに亘って
強羅の山荘で過ごされた歌人 斉藤茂吉ですが
箱根で詠まれた歌は1,200首にも及び、その中の秀歌1首が
公園内に碑として建立されています。
刻まれている筆跡は茂吉自身の直筆です。


マウスオンで画像が入れ変わります(2枚)

おのずから寂しくも  あるかゆふぐれて雲は  大きく渓に沈みぬ   茂吉 

「明神岳、明星岳を包みこんだ夕べの雲が
足下の早川渓谷に沈み入らんとする情景」を詠じたもの





 十月桜と紅葉
可憐に咲く十月桜が紅葉と相まって多くの人々を魅了してました





 公園内の散策で眺めた紅葉あれこれ

下段のサムネイルへマウスオンで画像が変わります
<<<<<





次回は同じく箱根山の撮影会から・・・
② 白煙を吹き上げる箱根大涌谷(神奈川の景勝50選)です。




  1. 2012/11/25(日) 22:59:42|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

富士吉田もみじ祭り












富士吉田市の歴史を今に伝える古民家が並ぶ
「富士吉田市歴史民俗博物館」のエリア内に
54本のいろはもみじが植栽されていて、
純白に雪化粧した富士の姿とは対照的に
色とりどり鮮やかな紅葉を楽しむことができました。

もみじ祭り期間中はライトアップもされて、
より一層神秘的な世界へ誘ってくれていました。


 ライトアップされた「いろはモミジ」のトンネル



下からのライトアップが効果的に反映していてまさに幻想的でした~






ライトアップされた真っ赤なモミジが一層輝きを増して感激!




古民家(旧武藤住宅)の障子にモミジや
イチョウの葉が投影されていて、こころにくい演出





画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

イロハモミジL_1 イロハモミジm_1 イロハモミジn_1







  1. 2012/11/20(火) 22:32:48|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:18

河口湖湖畔のもみじ祭り







河口湖湖畔で開催中の「もみじ祭り」へ行って来ました~
およそ400~500本にも及ぶモミジが真っ赤に紅葉していて
湖にその美しい姿を映し、
雪を頂いた霊峰富士山とのコラボも素敵でした。


 河口湖湖畔の美しい紅葉





ひときわ鮮やかに輝いていました~


青空との対比がきわめて美しいモミジの紅葉





 富士山と河口湖湖畔の紅葉/黄葉  














 河口湖ストリート紅葉 



道路両脇のもみじ紅葉/黄葉を眺めながらの散策も又楽しい




人気の可愛い周遊レトロバスも・・
画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

河口湖紅葉i_1  河口湖紅葉r_1

河口湖紅葉o_1  河口湖紅葉n_1




次回は富士吉田市のもみじ祭りへと続きます





  1. 2012/11/16(金) 17:29:37|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

冠雪の富士山&ダイヤモンド富士







晴れた日には住んでる横浜のマンション ベランダから
真白い富士山が眺められますが、
手前の林の樹木が邪魔して山頂付近しか見えませんので
早朝に近くの高台へ行って、そこから撮影しました。
この日は少し雲がかかっていましたがね




パノラマ画像:右に見えてる山は山岳信仰で有名な大山です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年11月3日(土曜日)、この日は早朝から快晴でベランダからも
富士山が眺められたので急遽、山中湖湖畔へダイヤモンド富士を撮影に
行って来ました。
山中湖湖畔からダイヤモンド富士が見られる時間帯は
午後3時半過ぎ頃だというのは調べて知ってましたので、
その時期帯には雲がかからないこと祈りながら車を進めていきました。

近くの駐車場についたときには富士山全体に薄い雲がかかっていて、
残念ながら今日のダイヤモンド富士は見らえないかも・・・と思いながらも
わずかな期待を込めて待つこと2時間以上、
なんと、頂上付近からかかっていた雲が消え始めて
ついにはその全姿が見えてきました。

いそいでカメラ、三脚を持って
ダイヤモンド富士が見られると思われる場所へ行って
高まる気持ちを抑えながらその時を待ちました~


☆ ダイヤモンド富士 見事にゲット! ☆

2012年11月 3日 15時46分44秒撮影から








2012年11月 3日 15時47分51秒 落日撮影まで 



落日後の山中湖&富士山


画像へマウスオン
openでクリック大きく表示  再度closeでクリック元に戻る

ダイア121102g_1  ダイア121102h_1



2012年11月 3日 富士山頂に落日後17分後の16時04分52秒撮影







  1. 2012/11/09(金) 07:40:48|
  2. 景色
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:21

カワセミに魅せられて 



・・・ カて ・・・



このところ、天候の良い日は美しい小鳥カワセミを求めて
毎日のように何時もの池へ出かけていました。

日によっては長く待ってもなかなか現れない日もあったり、
すぐに逃げられたりもして、思うようには撮影できませんでした。

そんな中でもなんとか撮影できたカワセミの姿をUPいたします。

引き続いてまだ撮影中ですがとりあえず、最近撮影のこれまでの分を
以下にUPさせていただきますので、ご覧くだされば嬉しいです。



① トンボが気になる枝とまりのカワセミ






② カワセミの親と幼鳥(左)



幼鳥(子供)が親の側を離れて・・・


近くにあったフェンスヘ・・・


そこから~池の中の杭の上へ・・・おっとっと~


なんとか・・セーフ良かったね~



③ カワセミ モミジの木から狙いを定めて・・・



狙った獲物に向かって一直線に・・・


飛んでる姿は美しいね~


ざんぶと飛び込んで、見事に小さい魚をゲットしたようです


近くにあった杭の上で美味しそうにゲットした小魚を食べてました



④ カワセミ 小エビをゲット!





小エビを見事にゲットして美味しそうに食べてるカワセミ











  1. 2012/11/03(土) 22:28:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
次のページ

プロフィール

hhatayan

Author:hhatayan
カワセミ飛翔
神奈川県在住
はたやんの気まま写真館へようこそ!

時計 house

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

pictlayer

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード